蓮風の玉手箱

このサイトは、2011年8月7日~2015年8月29日までの間、産経関西web上において連載された「蓮風の玉手箱」を復刻したものです。鍼灸師・藤本蓮風と、藤本漢祥院の患者さんでもある学識者や医師との対談の中で、東洋医学、健康、体や心にまつわる様々な話題や問題提起が繰り広げられています。カテゴリー欄をクリックすると1から順に読むことができます。 (※現在すべての対談を公開しておりませんが随時不定期にて更新させていただます・製作担当)


医学ランキング

注釈・肩書は当時のものです(初回公開日2011年8月7日)

国立民族学博物館の小山修三名誉教授


中国を研究する杉本雅子・帝塚山学院大教授


九大大学院医学研究院教授・外須美夫さん


薬師寺執事・大谷徹奘さん


春日大社・岡本彰夫権宮司


医師で僧侶の佐々木恵雲さん


関西外国語大学名誉教授・小山揚子さん


鍼灸ジャーナリスト・松田博公さん


児童文学作家、ひこ・田中さん


歴史地理学者の川口洋・帝塚山大学教授


正倉院事務所長の杉本一樹さん


ドクターシリーズ

和クリニック院長の村井和さん


山添村国保東山診療所長(現タケモトクリニック院長)・竹本喜典さん


吉祥院病院在宅医療部長・沢田勉さん


藤原クリニック院長・藤原昭宏さん


小児科医・鈴村水鳥さん


倉敷中央病院初期研修医・笹松信吾さん


医師で僧侶の佐々木恵雲さん(前シリーズでも登場)


小児科医・児玉和彦さん


東京有明医療大・川嶋朗教授

 

 


医学ランキング

初回公開日 2011年8月12日

 今月7日からスタートした新企画「蓮風の玉手箱」の第2回目を14日から掲載します。前回の序文に続いて玉手箱から飛び出してくるのは国立民族学博物館名誉教授の小山修三さんと藤本蓮風さんの対談です。

 文化人類学者と「鍼」との邂逅で何が起こるのか?融通無碍、変幻自在のお二人の会話を随時お届けしていきます。お楽しみに! 

グラフィックス1aa
小山修三(こやま・しゅうぞう)
文化人類学者。1939(昭和14)年、香川県出身。1976年、国立民族学博物館助教授となり、同教授を経て2002年から名誉教授。04年から大阪・吹田市立博物館館長をつとめている。『狩人の大地―オーストラリア・アボリジニ―』『美と楽の縄文人』『森と生きる―対立と共存のかたち―』など著書多数。『梅棹忠夫 語る』の聞き手もつとめた。



医学ランキング

初回公開日 2011年8月5日
1531664710

鍼灸師で伝統鍼灸の臨床研究や後進の育成をすすめている「北辰会」代表の藤本蓮風さんが「鍼(はり)」の世界について語る「蓮風の玉手箱」が7日から「産経関西」で始まります。45年以上にわたって多くの患者に向い合ってきた経験をもとに鍼を通じて人間の不思議さにも迫るコーナーです。

 

 西洋医学の有効性もみとめながら「それ以外にも治療法があることを多くの人々に知らせたい」「民間療法と鍼灸を混同するような誤解はときたい」という蓮風さん。

2010年6月からブログ「鍼狂人の独り言」を開設し人気ブログランキング(http://blog.with2.net/)の医学のカテゴリで1位が“指定席”状態になっています。匿名での批判など、ブログでの発信にはさまざまなリスクもつきまといますが、「マーケットの品質の質を向上させるには消費者が賢くなること」というセオリーを実践。この「行動あるのみ」という思いが「産経関西」でも展開されることになりました。

 

 この新コーナーは蓮風さんのコラムのほか国立民族学博物館の小山修三名誉教授ら学識者との対談などさまざまなスタイルで構成されていきます。

 玉手箱から何が飛び出すのか?ご期待ください。

 
グラフィックスq

小山修三さん(左)と談笑する藤本蓮風さん=奈良市学園北の藤本漢祥院


藤本蓮風(ふじもと・れんぷう) 北辰会代表、藤本漢祥院院長。昭和18年大阪市生まれ。関西鍼灸柔整専門学校(現・関西医療学園専門学校)卒業後、同40年、堺市で独立開業。同54年「北辰会」を設立。森之宮医療大学特別講師などをつとめているほか同会と学術交流をしている中国・広州中医薬大学で平成19年、同21年に特別講義を行うなど国内外で後身の指導にあたっている。『鍼灸治療 上下・左右・前後の法則』『臓腑経絡学』『東洋医学の宇宙』など著書多数。近著に『鍼狂人の独り言』。


医学ランキング

初回公開日 2011.8.7

グラフィックス2
 私は鍼灸師。十四代続く伝統を受け継ぎ、半世紀近くこの仕事についています。様々な病を治しました。多くの方たちは、私が触れた経験についてほとんど知られていないと思います。 

 読者の皆さんは、えーそんな病気が鍼で治ったの、とびっくりなさることも多いのではないかと思います。近代西洋医学はドンドン発展しあらゆる病撲滅に大いに努力を払っています。

 でも、病が癒えず、困っている人は意外に多いのです。だから、私達鍼灸師の門を叩き何とかならないかと相談に見えられます。

 ここにまた色々問題があります。西洋医学の場合は医学部を卒業し医師国家試験をパスした人達で、患者さんはある程度「均一化」した医療が受けられます。

 ところが、東洋医学、鍼灸医学の場合は、鍼灸師国家試験を突破した人が鍼灸師となります。ですが、歴史的にも、現実的にも多くの問題があり、医療としての「均一化」ができていません。

 ここに患者さんの悩みが生じます。
「何処の鍼の先生にかかればよいのか」 「自分の症状を治してくれるのはどんな鍼灸師なのか」

 
 そこで、筆者は思います。

 この業界も遅ればせながら徐々には改善されてきており、その上に、業界団体を引き上げるのも大切です。

 また、その半面に利用者である患者さんに大きくアピールし、患者さんに鍼灸医学を見つめる確かな「マナコ」を身につけていただくのも大事かな、と考えます。

 このコーナーの目的は実にこの点に存在します。とはいえ、玉手箱ですから、何が飛び出してくるかわかりません。どうぞご愛顧を賜りますよう、伏してお願い申し上げます。   蓮風


グラフィックス1q

藤本蓮風(ふじもと・れんぷう) 北辰会代表(現会長)、藤本漢祥院院長。昭和18年大阪市生まれ。関西鍼灸柔整専門学校(現・関西医療学園専門学校)卒業後、同40年、堺市で独立開業。同54年「北辰会」を設立。森之宮医療大学特別講師などをつとめているほか同会と学術交流をしている中国・広州中医薬大学で平成19年、同21年に特別講義を行うなど国内外で後身の指導にあたっている。『鍼灸治療 上下・左右・前後の法則』『臓腑経絡学』『東洋医学の宇宙』など著書多数。近著に『鍼狂人の独り言』。

 

new! PHP人名辞典に掲載されました(2019)

 

ブログ「鍼狂人の独り言」 2010年より毎日更新中!是非ご覧ください。

YouTubeチャンネル


医学ランキング

 このサイトは、2011年8月7日~2015年8月29日までの間、産経関西web上において連載された「蓮風の玉手箱」を復刻したものです。 残念ながらサイトは終了してしまいましたが、東洋医学を知っていただくために、もっともっと皆さんに読んでいただきたいとの思いから、有志において改めてサイトを再構築する運びとなりました。鍼灸師・藤本蓮風と、藤本漢祥院の患者さんでもある学識者や医師との対談の中で、東洋医学、健康、体や心にまつわる様々な話題や問題提起が繰り広げられています。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このサイトについてのご意見、ご感想はこちらまで
藤本漢祥院アドレス info@f-kansyouin.co.jp
                                                   

1531664710
Copyright(c) 2019 renpu fujimoto. All rights reserved.






※現在すべての対談を公開しておりませんが、随時不定期にて更新させていただきますのでご了承ください(製作担当)


《運営スタッフ》 監修 岡崎秀俊  製作 小峰ゆりか

↑このページのトップヘ