蓮風の玉手箱

このサイトは、2011年8月7日~2015年8月29日までの間、産経関西web上において連載された「蓮風の玉手箱」を復刻したものです。鍼灸師・藤本蓮風と、藤本漢祥院の患者さんでもある学識者や医師との対談の中で、東洋医学、健康、体や心にまつわる様々な話題や問題提起が繰り広げられています。カテゴリー欄をクリックすると1から順に読むことができます。 (※現在すべての対談を公開しておりませんが随時不定期にて更新させていただます・製作担当)


医学ランキング

関隆志7-1

藤本蓮風さん(写真左)と関隆志さん=奈良市「藤本漢祥院」

 鍼の知恵を語る「蓮風の玉手箱」は、東北大サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター(CYRIC)高齢者高次脳医学研究部門講師の関隆志さんと、鍼灸学術団体「北辰会」代表で鍼灸師の藤本蓮風さんとの、お話の第7回目となります。今回は医師が東洋医学に取り組む際の“注意点”がテーマです。東西の両医学が併存する意義にも話題が及んでいます。(「産経関西」編集担当)

関隆志7-2
関隆志7-3
関隆志7-4



 蓮風 これから鍼灸・漢方を志されるドクターも、たくさんいると思います。そういう方たちに何か「これだけは押さえといてくれ」といったことなど、おっしゃりたいことは何かありますか。

 関 先生もおっしゃたように、どうしても医者というのは、つい、自分が偉いんだと、やっぱり思ってしまうんですね。ですからまぁ、謙虚に学んでほしい。何でも学ぶときは謙虚でなければ学べませんからね。

 蓮風 そらねぇ、僕が今から50年前に鍼灸学校へ行っとった時のこと思ったら、ずいぶんドクターの態度も変わりました。やっぱり正直にものを言ってくれるようになりましたよ。上からものを言うっちゅう態度はまだまだありますけども、やっぱり医療として患者さんを治す立場は違うけども学ぶべきことがある、ということを少しずつ気づかれているようですね。

 関 はい。

 蓮風 そのほかに何かないでしょうか。

 関 あとはですね、私の勉強した時のことを考えると、やはり優れた先生につくというのが大事だと思います。

 蓮風 そう、それなんですよ。本当に数はいるんだけどもね…。こういう言い方したらいかんかもしれんが、本物っちゅうのは実際少ないですね。言っていることと、やっていることが全然違う人物もいます。そういう人々がけっこう学会で偉そうにしている。そういう調子ではやっぱり駄目なんですよね。限りなく本物に近い先生を知り合いに持つ何か良い方法はありますか。

 関 私の場合はですね、たくさん患者さんが来る所というのを一つの基準にはしました。

 蓮風 ああそうですか。

 関 あとは口コミで、誰か、凄(すご)い先生いませんかということで、それで(蓮風)先生を紹介していただいて(笑)。
関隆志7-5

関隆志7-6

 蓮風 (笑)。まぁでもね、今の鍼灸界は、なかなか不純なものがありまして、患者さんはたくさん診てるけど実際にやってることは、本当にあれが鍼灸かな、というようなのがけっこうあります。あるいは、整骨院などが保険を適用させて手技治療して、その場合に鍼を“サービス”としてタダ、あるいは極めて低料金でやる人がいる、人を集めるために…。だから人が集まってるからといって必ずしも腕があるとは限らない。これは業界で物凄く大きな問題やと思うんですよ。

 関 そうですね。

 蓮風 私はむしろそれよりも、この先生は本当に素晴らしいんだなと思ったら体当たりでぶつかって、その先生のやってることをつぶさに見て、人の噂とか本じゃなしに、自分で確かめることが大切やと思うんです。そして、できたら実際に関先生のように私の鍼を受けてみるとか、これが非常に大事なことやと思うんです。「北辰会」のドクターコースのドクターも、ほとんどの方が私の鍼を受けてます。鍼灸師でもドクターの方でも、これはと思う先生にやっぱりアタックして直接見聞きして、そして自分が体験することが大事やと思うんですが。それでいいでしょうか。

 関 そうですね。

 蓮風 それから最初のほうの話に関わってくると思いますが、西洋医学は高度に発達してると見なされる中で、鍼灸・漢方などの東洋医学の存在理由は何だと思われますか。

 関 一言にすれば、人間というものを違う観点で診る、これは物凄く大事なことです。要するに物事っていうのは一つの側面から見たのでは、すべてを、見ることできません。ですから西洋医学と違うっていうことが、少なくとも、それだけで存在意義だと思います。〈続く〉

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


医学ランキング

関隆志6-1

藤本蓮風さん(写真左)と関隆志さん=奈良市「藤本漢祥院」

 鍼の知恵を語る「蓮風の玉手箱」をお届けします。東北大サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター(CYRIC)高齢者高次脳医学研究部門講師の関隆志さんと、鍼灸学術団体「北辰会」代表で鍼灸師の藤本蓮風さんの対談も中盤となり今回で6回目です。前回は日本の医学教育などの改革の必要性が強調されました。今回は鍼灸界側の問題点が主なテーマです。国際舞台ではさまざまな改善の試みも進められているようです。(「産経関西」編集担当)

関隆志6-2
関隆志6-3
関隆志6-4

 蓮風 素晴らしいお話をしていただいていますけれど、先生のお立場から鍼灸師に望まれることを聞かせてください。

 関 望むっていうよりは、素晴らしい能力をお持ちの方がたくさんいらっしゃるので、仲の良い医者の知り合いをたくさん作ったらいいんじゃないかと思います。

 蓮風 いやぁ「北辰会」は、それを先駆的にやってるんですけどね(笑)。そうですね、同じ医療者としてね、そういう話し合える場が普通にはないですね。私が開業した50年前は医者と同席しとったらもう、上下関係。お前たちはなんだっちゅう感じで、こちらを見下すような、そういう時代でした。しかし同じように病気を治しているのにおかしいなぁ、なんとかこう話し合いができんもんかと考えました。結局、自分らの質を上げるしかないなというふうに思い立ったわけです。今やっと北辰会は総勢300人くらいおるんです。その中で医師が参加するドクターコースを作って今、十数人が在籍しています。まぁぼつぼつそういうことを手掛けているわけですけども、これは「北辰会」だけやなしに、もっともっと広めないかんですね。

 関 そうですね。

 蓮風 東北大学ではそういう場は設けておられるんですか。

 関 ここ10年くらいですかね、月1回だけですけども…。10年以上講習はしてます。あとは自分で3年間のカリキュラムを作って、週末に本当にプロとして漢方とか鍼灸をやりたい人と一緒に学ぶ場を作ってはいます。

 蓮風 そういう場がどんどん広がらないかんですね。それとやっぱり対談の最初のほうに出てきたように、西洋医学で治らんやつをどんどん治すことですね。

 関 そうですね。
関隆志6-5

関隆志6-6

 蓮風 結局はね。先生の回答の一つに鍼灸師に望まれることは、中医学に基礎を置いた上で多くの流派を学ぶこと、医師の仲間をつくることですと、おっしゃっているわけで、誠にその通りだと思うんです。でも、この流派同士の話し合いがなかなかできないですね。

 関 ええ、ですから最初にお話ししたように(流派間で)言葉が違うんですよね。

 蓮風 うーん、そうですね。

 関 今、日中韓がWHOの「国際疾病分類」の改訂やってますし、それから「ISO国際標準化機構」ですね、ここでやはり国際標準作りを鍼灸と漢方やってます。

 蓮風 まず概念の統一からですか。

 関 そうですね。それもまぁ統一というか、同じ言葉を違う意味合いで使ってますからね。たとえば同じ漢方薬でも実際に長い歴史の中で構成生薬が違ったり、あるいは分量が違ったりしてますし…。ですから、同じ言葉を違う意味合いで使う時に、ちゃんと使い分けをするようなことが必要なんですよね。そういったことをやって、それで、違う流派の人達がお互いに学び合うということが大事だと思いますね。

 蓮風 そうですね。そういうことができたのは、さまざまな言葉を英語に直すという仕事があるからですね。

 関 ええ、あれはフィリピンのマニラにですね、WHOのオフィスの一つがありまして、韓国で現在、韓医学研究所の所長をされているチョイさんという韓国の方が先駆的に日中韓の言葉を集めて、WHOの『東洋医学標準用語集』(『WHO International Standard terminologies on traditional medicine in the Western Pacific region』)というのを作ったんですね。

 蓮風 そしたらまだまだ叩き台ですね。

 関 叩き台ですね。

 蓮風 そういうことですね。

 関 はい。〈続く〉

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


医学ランキング

関隆志5-1

藤本蓮風さん(写真左)と関隆志さん=奈良市「藤本漢祥院」

 鍼の知恵を語る「蓮風の玉手箱」をお届けします。東北大サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター(CYRIC)高齢者高次脳医学研究部門講師の関隆志さんと、鍼灸学術団体「北辰会」代表で鍼灸師の藤本蓮風さんの対談の5回目です。今回のテーマは「日本の医学教育」。世界でも最先端であることは誰にも疑問の余地のない日本の医療ですが、関さんは、医学教育は遅れているというのです。意外に思われる方も多いでしょうが、以下の話をお読みになれば、現状の可否については異論があっても、理由は納得されるはずです。(「産経関西」編集担当)

関隆志5-2
関隆志5-3
関隆志5-4

 蓮風 鍼灸・漢方界に足らない部分、なぜ世の中にもっともっと広まらないのか、ということについてご意見をうかがいたい。

 関 はい。まず今の日本はですね、世界の中では非常に遅れている。

 蓮風 ああそうですか。

 関 何が遅れているかというと、教育なんです。今の日本の鍼灸界の問題というのは構造的な問題…。

 蓮風 構造ですか。

 関 構造ですね。要するに複数の問題点が相互に絡み合って、それで現状に至っているんです。基本には歴史的な経緯というのがあります。日本の医学というのはもともと中国から入ってきていた…鍼治療あるいは漢方薬ですね。それが日本の最初の医学で、『大宝律令』なんかに書いてあるわけですけども、江戸時代にオランダの医学、蘭学が入ってきて…。

 蓮風 そうですね。

 関 明治維新でドイツの医学が入ってきて、第二次大戦が終わってアメリカの医学になって…。そのたびに今までの医学はダメだという形になってきているわけです。まずそういう経過がある。ですから医学教育の中に、伝統医学の教育がほとんどない。特に鍼に関してはほとんどないのが現状なんです。それから専門家である鍼灸師の教育も今でこそ大学、4年制大学が出てきましたけど、3年制の専門学校がほとんど。しかも、その半分は国家試験対策の西洋医学の解剖生理なんです。

 蓮風 なんか西洋医学の教科書を水でのばして広げているような世界ですね。

 関 ですから、物理的に教育の時間があまりにも短い。たとえば中国でも韓国でもびっしり教育する、西洋医学も伝統医学も両方、医者の養成の時やるわけですよ。それからあと、たとえばアメリカ、ヨーロッパの場合は医者に対して、医者の免許持ってる人に対して(伝統医学についても)200時間とか400時間とかそれなりのカリキュラムを作ってちゃんと教育してるところがあるわけですよね。ところが日本はそれがもうあまりにもお粗末で。

 蓮風 そうですね。これはもう勉強といえば徳川の末期からあって、鍼灸按摩を盲人の社会福祉に使っとった。で、その延長線上に晴眼者であっても教育をしたけど、本当の医学教育じゃなしに、悪くせん程度に持っていくという…そういう教育(の仕組み)が大きく関わってると思うんです。だからまず大事なことは、これは医学なんだという意識。先生もおっしゃったように病気を治してなんぼですから、もう一回意識改革をせないかんですね。

 関 そうですね。ただ意識というものはどうやって形作られるかと言うと、たとえば子供が産まれると親の中で育ちますよね。ですから親の意識っていうのがあって、それで親の考え方っていうのが子供に伝わるわけですよね。そうすると今やはり何か調子悪くなれば西洋医学の病院っていうことになりますから、やはり親の医学に対する考え方っていうのは子供にうつるわけで。それもやはり広い意味で言えば教育っていうことになります。

 蓮風 なるほどね。

関隆志5-5

関隆志5-6

 関 意識改革のためにはやはり知ってもらわなければ。

 蓮風 そうですね。

 関 意識が変わりませんので。最初に大学病院で大変ではないですかっていうお話がでましたけど、あれも結局は知らないわけですよね、鍼灸(はりきゅう)っていうものを医者が。ですから、そうすると、やはり知らないものは怪しいもの、というふうに誰でも思いますから。

 蓮風 そうですね(笑)。

 関 私が大学病院で鍼をやっててあいつ変なことやってると思われる。これは当たり前なんですよ、そういう風な反応は…。ですから、やはりこれだけ良い結果が出るという、そういう事実を示すということと、それをきっかけにして少しでも大学病院のスタッフとか先生方に、教育というとおこがましいかもしれませんけども、知っていただくというそういう勉強会のようなものを開いたりとか、地道にあらゆる面で家庭、それから学校、それから大学教育とかそして社会人、そこから既にライセンスを持った人への、色んな重層的な教育改革っていうのが必要です。

 蓮風 そうですね。さまざまにやらないかんですね。中国の小学生の教科書に漢方鍼灸の名医の話みたいなのが書いてあるんですよ。日本では全然こういった内容が教科書にないですね。だからそういう層の厚い部分に何か浸透するようなね、そういうことも含めての教育ということかもしれませんね。

 関 はい、そうですね。幼稚園からやるべきだと思いますね。

 蓮風 そうですね(笑)。いや、幼稚園時代といえば、今私のところへ、もう40歳過ぎたおじちゃんおばちゃんが来るんですけど「先生に小さいとき鍼をしてもらったから」って、よう覚えてるんですよ。あの時、喉(のど)が痛くて熱が出たのを一発で治してもらったって。だから何が何でも鍼に来る。だから小さい時のね、印象は物凄い大事ですね。なかなか普通ではそういうチャンスが得られないですね。

 関 そうですね、はい。〈続く〉

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


医学ランキング

関隆志4-1

藤本蓮風さん(写真左)と関隆志さん=奈良市「藤本漢祥院」

 鍼の知恵を語る「蓮風の玉手箱」をお届けします。東北大サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター(CYRIC)高齢者高次脳医学研究部門講師の関隆志さんと鍼灸学術団体「北辰会」代表で鍼灸師の藤本蓮風さんの対談の4回目です。前回は「鍼灸・漢方とは?」という質問に対して、関さんは、まず、すでに病気になっている人ならば、治る能力を引き出すように持っていくというのが非常に得意な治療法だとお答えになりました。今回は、あともうひつのご回答から始まります。(「産経関西」編集担当)

関隆志4-2
関隆志4-3
関隆志4-4

 関 はい。あともうひとつは、健康な人の中にもやはり(健康な身体を保つための)能力をすべて出し切っている人ってあまりいらっしゃらないと思うんですね。

 蓮風 そうですね。

 関 ですから、いわゆる病気じゃない人でも、さらにその人の能力を引き出せる、それもやはり西洋医学にはない伝統医学のすばらしさではないかなあと思います。

 蓮風 そうですね。僕もたくさん経験しました。もともと身体が弱くて、大きな病気じゃないんやけど、しゅっちゅう身体がしんどい、という方がいます。きょうは小山(修三)先生(国立民族学博物館名誉教授)も、こちらにお見えになってますが、小山先生の奥さん(揚子さん=関西外国語大学名誉教授)がそうやったんです。それを治療していくとだんだん元気になって、今はもう旦那さんより元気になっているんですよ。だからまさしく張景岳が言ってるように、先天的に弱いからといって、そのままじゃないんだと。後天的に養生の仕方と治療をやると、うんとその先天のエネルギーを引き出すんだと張景岳はおっしゃっているんですけども、そういうことですね。

 張景岳:16世紀後半~17世紀前半の中国明代の医家。張介賓。景岳は字名(あざな)である。『景岳全書』や『類経』を著し、後世に多大な影響を与えた。(「北辰会」註)

 関 そうですね。

 蓮風 僕は、そういう意味での何か人間の持っているポテンシャルエナジー、潜在能力をかなり引き出すと思いますね。特に鍼灸師の方でね、感覚の鈍い人がおります。鍼してね、身体を良くしてやると潜在能力が出てくるんですよ。だから結局、鍼灸師も健康でないとダメなんですね。そういうのはもういくつか経験しました。そういうのも引き出すひとつのキーワードというか、ポイントは「気」という概念で説明していくわけですが、先生はどうですか。この「気」という概念について何か…。

 関 やはり漢方とか鍼灸をやってますと、「気」という概念なしでは成り立たないですから。

 蓮風 (笑)

 関 確かに何なのかというのは、正直分かりませんけど、少なくとも人間の生命力とかあるいは内臓の働きとか、そういったものが「気」だと思うんですけど。漢方・鍼灸やっていれば、その概念なしで治療はできないので…。

 蓮風 そうですね。直接どうですか。体感的に私はこういう風に「気」を捉えているというのがありましたら。

 関 それは私、すごく鈍い人間なので(笑)。
関隆志4-5

関隆志4-6

 蓮風 (笑)。これはねえ先生、鈍いんじゃなしに、さっきちょっと軽く身体を診せてもらったけども、だいぶお疲れで、運動はできてないし、多分飲食の摂生もかなりできていない。問診はしてないけど分かるんですよ。それをお治しになるとね、先生まだまだすごいところまでいくと思いますよ(中国最古の医学書といわれる)『黄帝内経 素問』の中に健康な人が診るから本当に病人のことが分かるんだということが書かれています。

 私は大酒飲みですから、理想にはなかなか近づけんのです。でもお陰様で、70歳になりますけども、運動はやるし、それから考え方の“もつれ”を持たない。どういうことかといいますとね、『素問』の中には「恬淡(てんたん)虚無なれば、真気これに従い、精神内に守らば、病いずくんぞ従い来たらん」という言葉があります。心のさばきが良いの、悪いのという新興宗教がありますけど、あれはある意味で当たっていますね。そうするとね、やはりこれも『素問』でいっているけど「道至れるものは肌肉初めのごとし」…赤ちゃんのように身体が柔らかい、ということをいっていますね。非常に含蓄のあることをいっているわけで。まあ年のわりにはどっちかというと身体の方も柔らかいほうだと思います。頭もいつまでも柔らかくないとね。先生も是非元気で長生きして頂いて。

 関 ありがとうございます。

 蓮風 時々私の鍼を受けていただいて。

 関 ありがとうございます。

 蓮風 良かったらいつでもいらしてください。おそらく先生も健康になられたら、そういう気の感覚を感じられると思います。あんまり感じすぎると怪しいといわれるんでね。ちょっと怪しいところへいくかも知れないけれど、そういう部分があるのも事実です。「気の去来」といいますけど、50年も臨床をやってきて鍼を刺していると本当の補瀉(ほしゃ)というものはそういうものが分からないとできないと思うんですよ。単なるテクニックじゃなしにそういう感覚のもとにテクニックが生きてくるという風に思うんです。〈続く〉

 補瀉:補法と瀉法のこと。補法とは気や血や津液(しんえき)=水分=が足らない場合にそれを補うような治療処置の事。反対に瀉法とは、有り余っている物を取り除く治療処置のことを指す。(「北辰会」註)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


医学ランキング

関隆志3-1

藤本蓮風さん(写真左)と関隆志さん=奈良市「藤本漢祥院」

 鍼灸学術団体「北辰会」代表で鍼灸師の藤本蓮風さんがさまざまなゲストを招いて鍼について考える「蓮風の玉手箱」は東北大サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター(CYRIC)高齢者高次脳医学研究部門講師の関隆志さんとの対談の3回目です。前回は関さんが東洋医学と西洋医学が協力・併存しながら患者の状態に応じて、それぞれの治療が選択できるという意味での「融合」の有効性を強調されました。今回はその続きとなります。(「産経関西」編集担当)

関隆志3-2
関隆志3-3
関隆志3-4

 蓮風 (西洋医学と東洋医学は)まず生命観が違うというのが昔からの私の考えです。病に対する理解、疾病観が違う。だから、この根本的な問題が解決できない限り、“融合”という言葉の解釈は別にして、ひとつになるためには、この前提の違いがちゃんと変わらないといかんのじゃないかという考えでやってきたんですけど…。
  

 関 うーん、私は生命観も、治療方法も、病気に対する見方も違う方が良いと思います。違うものが複数あるけれど、目の前の困っている人には、今回はこれがいいとか、今回はこっちがいいとかそういう選択肢があって、そういった違う見方が沢山あるほうが、より豊かといいますか、よりよい医学だと思うんです。

 蓮風 すると最終的にひとつになるということは、意見が違って考えが違っても、それが同時に存在するということをめざしているわけですね。

 関 ええ。ですから、そのどれが正しいのではなく…。違うものがいろいろあって、それで選択肢が沢山あると…。大事なことはですね、今でも西洋医学の病院もあるし、鍼治療、灸治療、漢方薬と選択肢はあるんですけども、私がめざしているのはですね、的確に選択肢を選べるようにするということなんです。

 蓮風 なかなか難しいことですね、実際は。

 関 もちろん、そうです。

 蓮風 理想としてはよく分かるんだけど、患者さんに選択させるというのもひとつの方法ですね。

 関 それは、ふたつあります。やはり患者さんの求めるもの、それから我々として求めるものですね。我々は病気を治そうと思うわけですけど、患者さんは必ずしも病気を治そうと思ってない人もいるかもしれない。

 蓮風 いますね。

 関 ですから、やはりその人の生き方、人生観というのがありますから、こちらから全てを押しつけることもできません。

 蓮風 ネフローゼで名古屋の大きい病院にかかって、うまくいかんで、それから同じ名古屋の子供病院ですか、そこでもうまくいかんかった。そこで主治医と私が話して「鍼をやったらどうや」ということになったんです。で、実際、鍼をやって良くなってきた。その患者さんや家族が面白いことをいいましたね。「西洋医学でも治ると言われたんやけど、入院せずに、普通の生活をしながら治して欲しいんだ」と…。そういうことでしょうか、先生今おっしゃったのは。

 関 それもすごく大事なことだと思います。それで、西洋医学でも治せる…たとえば抗生物質といった薬とかで。それから鍼でも治せる、漢方でも治せる。(そのような選択肢があったとして)同じ「治せる」でも質が違うんですね。「治る質」が違う。その質にもいろいろあって、たとえば苦痛を伴わないで治るとか。それから、先生がおっしゃったように、社会的な生活をしながらでも治せるとか、本当に治るといっても治り方がものすごく違います。

 ですから、それもひとつの選択基準になると思いますし、やはり本当は苦痛もなく、あるいは社会生活もできて治るのが良いのかもしれませんが、(場面に応じて)「治る質」も選ばなければいけないと思います。
関隆志3-5

関隆志3-6

 蓮風 そうですね。そうすると、こうあらゆる医学に精通して、そして適応・不適応、また適応してもよりこれがベターであるとかいうことを相談できるドクターというか、そういう素人に指導できるシステムが要りますね。

 関 ええ。やはりこれから作らなければいけないものだと思います。

 蓮風 そうですね。それから鍼灸・漢方の真髄・本質は何とお考えですか。これは、私がどういうお答えが頂けるかなと思って楽しみにしているのですけども。

 関 まあこれもちょっと言葉に語弊あるかもしれませんが、その人が持っている能力を引き出すということではないでしょうか。その能力というのはひとつは、病気になっている人であれば、いわゆる自然治癒力といいますか、治る能力を引き出すように持っていくというのが非常に得意な治療のひとつではないかなあと。

 蓮風 そうですね。なにか潜在的なエネルギーを引き出す。ないものを作るんじゃなしに、もともとあるものを上手に引き出していくという医学だとお考えなんですね。〈続く〉

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ