医学ランキング
沢田8-1

藤本蓮風さん(写真左)と沢田勉さん(同右)=奈良市「藤本漢祥院」

 あけましておめでとうございます。今年初めての「蓮風の玉手箱」をお届けします。京都・吉祥院病院在宅医療部長・沢田勉さんと鍼灸学術団体「北辰会」代表で鍼灸師の藤本蓮風さんとの対談の第8回目です。鍼灸師を経て医師になった沢田さんが自身の経験や今後の日本の社会の情況も踏まえて、今後の方向性についての提案をしています。「医療」は誰のために存在し、どのようにあるべきなのか…を考えるきっかけになるのではないでしょうか。(「産経関西」編集担当)

沢田8-2
沢田8-3
沢田8-4

 蓮風 先生は鍼灸師から医者になられたことを紹介致しました。その経歴や医師としての経験も踏まえて今の鍼灸師、またこれから鍼灸師になる人に何か言いたいことはありますか? せっかく鍼灸やるんやったらここだけ押さえてやらないかんよということをおっしゃってください。

 沢田 そうですね。やっぱり鍼灸師の先生方は実はすごい医学を使ってらっしゃるんだということを理解してほしいというのがありますよね。特に「臓腑経絡学」とかそういうものが土台にあって人間の体を丸ごと、それを大事にして治していく医学がここにある訳ですよね。そうしますと整形外科の“下請け”をやっているのではもったいないですよね。

 蓮風 そうですね。悪いことではないけどね。

 沢田 悪いことではないんです。

 蓮風 鍼・灸には内科的にすごく難しい症状を治せる力がある。その背景には、ちゃんとした学問があるんだということですよね。

 沢田 たとえばね、実はこれからずっと日本は医者不足なんですよ。先進国のなかでは日本は医者が少ない。これからどんどん増えそうもない。そうしますと、一般の風邪ひきなんかをどこで治すか…。鍼灸で自分の家族も含めて治せるようにした方がはるかに国民のためになるし当然、医療費の削減にもなりますよね。(医者不足の状態になると)鍼灸って自らの病気の治療に役立って感染症にも効くんですよということを国民にアピールすることができるようになると思います。

 蓮風 そのためには鍼灸師がしっかり勉強して、西洋医学と違うということや素晴らしさを自らが実感してそれを家族にまで施せるとこまでやっていただきたい。そのことが、実は国民を救うことにもなるのだというお話ですね。

 沢田 そう思います。

 蓮風 で、同時に今のドクター、これからドクターになられる方に、何かアドバイスがありましたら。

 沢田 そうですね。東洋医学というとドクターにとっては、漢方が中心でしたよね、今までね。漢方が中心だった。でも、考えてみると『黄帝内経』の中には実は鍼灸についていっぱい出てきますよね。
    
 蓮風 そうそう、そこら辺が間違われておるんですわ。どっちかいうと漢方は鍼灸の仲間やけど、漢方のほうが上だというような印象を抱かれがちですが、これとんでもない間違いでね。

 沢田 反対だと思うんですね。
沢田8-5

沢田8-6

 蓮風 はい。漢方医学の原典は『黄帝内経』。『黄帝内経』が使っている医療はほとんどが鍼灸なんですね。先生のおっしゃる通りなんですよ。それ知らない人が沢山おりますね。

 沢田 はい。知らないで東洋医学を勉強してると思ってらっしゃる医者が多いと思うので、「ぜひ、鍼灸も含めて勉強していきましょう」と言っていきたい。それはものすごく大事なことです。一番いいのはね、ドクターの先生ご自身が病気になって患者さんになったら「藤本漢祥院」に来て蓮風先生の治療受けるのが一番いいだろうなと私は本当に思います。

 蓮風 実際に今日も「北辰会」に関係ないドクターが(治療を受けに)何人か来てるんですよ。何だかんだ最初言うんだけど、鍼が効きだすと黙って喜んで「ありがとうございます」と言って帰りますね。そういうことがもっともっとね宣伝されないかんですね。この業界は宣伝が下手というか。この『蓮風の玉手箱』もそういう働きの一つをしておると思うんです。

 もうひとつ何か言いたいことありませんか。ドクターやこれからドクターになられる先生方に、ここだけは押さえといて欲しいということ。

 沢田 ドクターは、病院の中で仕事するので(法律や制度の問題もあって)鍼灸をする機会をつくるのが中々難しいんですよね。忙しいので勉強するのも難しいとか、色々な問題がありますよね。そういうところは、むしろ「北辰会」は一生懸命フォローして下さったり、蓮風先生もお力入れてくださったりしているので素晴らしいと思うので、是非ご一緒に勉強して頂きたいという気持ちでいっぱいです。孤立すると中々難しいんですね。それから変わったことをやっているということでただ周りから冷たい目で見られたりとか。
   
 蓮風 そうそう。オカルト集団ね(笑)。

 沢田 そういう風に思われがちです(笑)。それと、患者さんの支えもあってやれることですけど、やっぱり一人でやってるのは辛いですよね。ですから仲間を作って勉強を一緒にしてということであれば、鍼灸も有力な選択肢のひとつになってくるはずです。「北辰会」はドクターを一生懸命援助しているので、入って一緒に勉強して頂ければと思います。<続く>