蓮風の玉手箱

このサイトは、2011年8月7日~2015年8月29日までの間、産経関西web上において連載された「蓮風の玉手箱」を復刻したものです。鍼灸師・藤本蓮風と、藤本漢祥院の患者さんでもある学識者や医師との対談の中で、東洋医学、健康、体や心にまつわる様々な話題や問題提起が繰り広げられています。カテゴリー欄をクリックすると1から順に読むことができます。 (※現在すべての対談を公開しておりませんが随時不定期にて更新させていただます・製作担当)

タグ:医師


医学ランキング
笹松2-1

笹松信吾さん(写真右)と藤本蓮風さん(同左)=奈良市「藤本漢祥院」

 鍼の知恵を語る「蓮風の玉手箱」をお届けします。前回から倉敷中央病院初期研修医(対談当時)の笹松信吾さんと鍼灸学術団体「北辰会」代表で鍼灸師の藤本蓮風さんとの対談が始まりました。今回は笹松さんがなぜ、西洋医学を学びながら東洋医学にも関心を持ったのか、その理由について話してくださっています。外科と内科との関係にも言及されており、東西の両医学がうまく協力関係を築けるヒントがありそうです。(「産経関西」編集担当)

笹松2-2
笹松2-3
笹松2-4

 蓮風 大学を中退されるなどドクターの大学(札幌医科大学)に入るまでに時間がかかっていますけど、その間、迷いはなかったですか?

 笹松 迷いはありました。まず、どうして時間がかかったかという話なんですけど、元々医学部をめざして勉強をしていたんですが、受験という壁があって、なかなか思う通りにいかなかった。そこで一度、医学部を諦めて心理学が学べる大学に進んだ。やっぱり医学部の受験というのは難しかったということですね。

 蓮風 そうですね。「玉手箱」に登場していただいている先生たちも、そんな簡単にスッと入っていないですね。ほとんどね。だから、それは当然と言えば当然だけど。「もうしんどいからやめたろ」という気はならなかったですか? 医学部に入るまでに。

 笹松 そうですね、心理学の大学に入っても医者になりたいという思いが捨てきれずに大学に通いながら毎年受験をしていたんですけど、途中でこのまま心理学の道を進んでもいいかなという思いには何回もなりました。ただ最初に自分でやりたかった仕事ができなくて、未練が残ったままで、果たして満足した人生を送れるんだろうかということを何度も考えて、この受験を最後にしようと思った年に、たまたま合格することができました。

 蓮風 うまくいったんですね。一時、広島大学に在籍しておられたんですね?

 笹松 広島大学の総合科学部というところに在籍しておりました。

 蓮風 それは医学と関係があるんですか?

 笹松 そうですね。色々なことを勉強できる学部なんですが、心理学を学ぶことを選んだんです。直接医学には関わらないのですけれど、人の心を研究する学問ということで、医学に近いところに立てるかなということを考えました。

 蓮風 なるほど。消化器外科専攻という風に聞いておりますが、そうですか?

 笹松 はい、そうです。

 蓮風 これは何か意味があるんですか? 僕はね、最初にお会いした時、内科向きの先生やなとつくづく思っとったんやけど、消化器外科ということで、ちょっと意外性があったんでお話を聞かせて頂きたい。

 笹松 僕も医学部に入ったころは、子供のときに小児科の先生によくお世話になったということで、小児科医になろうかなと思っていました。ただ実際に勉強していくうちに小児科はちょっと向いていないのかなと(笑)。子供の相手をするのが苦手ということもありまして。色々な科を回って勉強させてもらううちに、手を動かしているのが楽しいということに気付きました。他には、昔から思っていたことの一つに、目の前で倒れている人を救える医者になりたいというのが頭にありまして、そういった中で一番近いものは何かなと考えると、外科かなということで、選びました。

 蓮風 そうですか。
笹松2-5



 笹松 また、学生の途中から東洋医学を勉強していましたので、内科的なことは東洋医学でやって、東洋医学でやりきれないところを外科でやろうかなという、ちょっと欲張った思いもありまして。

 蓮風 その発想は確か『三国志演義』にも出てきた中国・漢代の華佗(かだ)という人につながりますね。華佗という名医の専門は、元々は外科なんです。だけどその前に内科的に治すことはないかということで、鍼灸をやっておられるんですね。どうしても(内科では)いかんやつを手術するんだということを書物の中で確か書いていたと思うんですけど。そういう発想に近いですねどっちかというと。西洋医学的には外科でやって、内科的にはむしろ東洋医学のやり方がいいんじゃないかと。それは何か根拠はありますか? 西洋医学にはもちろん内科はあるわけやし、いわゆる西洋医学の内科よりも東洋医学の方がいいんじゃないかという発想はどこから出てくるんですかね?

笹松2-6

 笹松 昔から自然の流れに逆らわないもの、人に優しいものが好きだったんです。自分がよく病気がちだったということもあったので…。そう考えるとですね、胃カメラや手術などを見てもらえればわかるように、西洋医学的な治療は東洋医学に比べると人に優しくない。東洋医学で治療された方が気分も気持ちもいいということもあって、できるだけ自然な治療法を選ぶということを考えたら、やっぱり東洋医学だなぁと思いました。途中までは東洋医学はどれくらい効くかっていうことが疑問だったんですが、実際に蓮風先生の治療を見ていると、西洋医学的な内科の治療にも匹敵するんじゃないかという思いもあって、これは東洋医学でいけそうだと。

 蓮風 そうですか。我々(西洋医学の)素人は消化器外科というものを分かっているようで分からないので消化器外科というものはどういうことをやるのか教えてくれますか?

 笹松 難しいですね。病院によっても変わるんですが、基本的には盲腸(虫垂炎)、腹膜炎、腸閉塞(イレウス)などの緊急疾患…あるいは消化器内科で、たとえば胃だとか肝臓だとかを見てですね、これは手術しなきゃいけないなといった患者さんが紹介されて来ます。癌の術前・術後で抗癌剤を使って治療しなきゃいけないというような方も消化器外科で対応することがあります。末期がん患者の緩和医療にたずさわることもあります。

 蓮風 それは消化器外科の領域に入るんですか?

 笹松 はい。〈続く〉


医学ランキング
                                   初回公開日 2014.5.24
笹松1-1

笹松信吾さん(写真右)と藤本蓮風さん=奈良市「藤本漢祥院」

 鍼の知恵を語る「蓮風の玉手箱」は今回から岡山・倉敷中央病院初期研修医の笹松信吾さんと鍼灸学術団体「北辰会」代表で鍼灸師の藤本蓮風さんとの対談が始まります。まずは笹松さんが医師を志した理由からお話が始まります。前回までの鈴村水鳥さん(小児科医)もそうでしたが、子供のころの経験が大きく影響していたようです。(「産経関西」編集担当)

【プロフィル】笹松信吾(ささまつ・しんご)1982(昭和57)年、北海道生まれ。札幌光星高校卒業、広島大学総合科学部中退。2012(平成24)年、札幌医科大学卒業。岡山・倉敷中央病院初期研修医(対談当時)を経て2014年から市立堺病院外科後期研修医。

笹松1-2
笹松1-3
笹松1-4

 蓮風 「蓮風の玉手箱」へようこそ。先生は私が書いた『経穴解説』(メディカルユーコン刊)をお読みになって「北辰会」にいらっしゃったんですよね。
 

 笹松 『経穴解説』を最初に手に取ったのは、医学生のころなんですけど、その当時から東洋医学が、どういうものかということに興味を持っていて、本屋で面白そうな本を探していました。漢方については興味深い書籍が幾つかありましたが、鍼灸に関しては面白そうな本は見当たりませんでした。

 教科書的なことはひと通り書いてあるんですけど、実際に診療している様子というか現場の息遣いがあまり伝わってこない。その中で、『経穴解説』を読むと、実際にどういう風に治療が行われているのだとか、本を書いた先生の考え方や鍼灸に対する情熱が凄く伝わってくる生きた内容の本だと直感的に感じました。

 蓮風 臨床の具体性と、この医学の思想性が出とったということなんですね。

 笹松 はい。

 蓮風 このことについて、後で深くお聞きしますけども、まず何で医者を志したんでしょう?

 笹松 僕は元々身体が弱くて、小さいころからよく風邪をひいたり、入院したりしていたんです。そこで、点滴も沢山されましたし、薬も沢山飲まされて、もうこんな辛い思いはしたくないと…。子供のころにかかっていた小児科の先生で一人すごく優しい先生がいて、僕が疑問に思ったことに対しても優しく答えてくれたし、注射も上手で、そういう先生になりたいなと思って医者を志しました。

笹松1-5

笹松1-6

 蓮風 自分の身体が弱いからということで、医学を志したと。自分と同じような人を救ってみたいということでしょうね。

 笹松 そうですね。あとは、幼いころの自分が、「この先生に診てもらいたい」と思えるような医者になりたいですね。

 蓮風 医療関係の職業は色々あって、お医者さんはそのなかでも代表的なものでしょうけど、その他色々ありますよね。鍼灸もその一つなんですけど、正統な医学というか、オーソドックスな医学を取り敢えずやってみたかったということですかね。

 笹松 そうですね。自分が知っているのは、いわゆる西洋医学で、当時は西洋医学といえば医者という考えしか頭になかったので、医者を志してみようと。

 蓮風 そうですね。念願の医師になった現在の心境をお聞かせください。志した医者になって、今の時点でのお気持ちというか、これからの抱負みたいなものがあったらお聞かせください。

 笹松 はい。まず、やっぱり医者になって良かったと思います。

 蓮風 何が良かったですか?

 笹松 働いていて身体が辛(つら)いことはあるんですけど、楽しいですね。

 蓮風 やりがいがある仕事だと。

 笹松 やりがいがあります。何でこんな仕事を選んでしまったんだろうとか、やっていて気持ちが辛いなということはなくて、人と関わるのは楽しいですし、医学の勉強をするのも面白く、やりがいを感じております。

 蓮風 そういう意味ではぴったりですね。しっくりいく目的に到達したということでしょうね。

 笹松 あと実際に医者になって思ったことなんですけど、直接患者さんの命に関わるということですね。自分の判断一つで、場合によっては患者さんの状態を非常に悪くすることがあるということで、すごく責任感というものを感じております。

 蓮風 ドクターと言えば、死亡診断書が書けますからね。ある意味で生殺与奪の権というか、生かしも殺しもできる立場にあるんで、これ大変な仕事ですよね。だけど非常に面白い。

 笹松 はい。〈続く〉



医学ランキング
鈴村8-1

鈴村水鳥さん(写真右)と藤本蓮風さん(同左)=奈良市「藤本漢祥院」

 鍼の知恵を語る「蓮風の玉手箱」をお届けします。小児科医の鈴村水鳥さんと鍼灸学術団体「北辰会」代表で鍼灸師の藤本蓮風さんとの対談も今回でひとまず最終回。ご自身の病気治療の経験も踏まえながら病院の医療現場で患者さんのために鍼を役立てようと奮闘している鈴村さんの姿に共感を覚えた方は少なくないと思います。そんな鈴村さんが最後に患者さんを癒やし病気を治すために一番大事だと考えていることを語ってくださっています。(「産経関西」編集担当)

鈴村8-2
鈴村8-3
鈴村8-4




 編集担当 蓮風先生、やっぱり時代の変化によって患者さんも変わってきてますか?

 蓮風 僕が開業したのは21歳で、今から50年前。地域性もあると思うんですけど、大阪・堺のごっつぅ庶民的なところでやっとったんで、ものすごいやりやすかった。でも、こっち(奈良)へ来たらね、ものすごいやりにくかった。なんでか言うと、古いんですね、奈良は。ふつう堺でやったら、この人が治ったら、あの人へ…って、口コミで伝わっていくんだけど、奈良はそれがダメなんです。それで僕は一計を案じた。奈良は学校の先生とお坊さんを大事にするところだから、お坊さんとか学校の先生にアピールしてね、「ああ、あれはいいじゃないか!」と言わせたんですよ。そしたら患者さんが来だした(笑)。だからね、もちろん腕は大事なんだけども、社会性というか世の中の動きに鈍感ではダメですね。

 編集担当 そういう意味では、鍼灸に興味を持たれてるドクターに(現場での理解を広げるために)ある程度戦略を持つことも考えていただかないといけないってことですね。

 蓮風 そうそう。大変な野望なんですけど、最終的に僕が求めるのは鍼灸病院です。もちろん西洋医学も入ってきてもらいますけども、鍼灸だけで、どこまでできるかいうことをね、みんなで追求できる、そしてそれを求める患者さんを集めて治療することが私のひとつの希望なんです。その時は鈴村先生にも、お手伝いに来ていただいて(笑)。

 鈴村 はい、よろしくお願いいたします。

 蓮風 私が鍼灸師をボロカスに言うのは、志の低い鍼灸師が多いからです。貧しいと言うかね。「あんたとこの治療院どうや?」って聞いたら「まぁ、なんとか飯食えとります」「なんとか家建てました」って…。このレベルじゃダメです。私が一番幸せを感じるのは、何やっても治らんかったのを何とかして鍼一本で工夫して治すこと。そういう誇りがあるんですわ。それを世の中に広めていくのが私の仕事やと思ってます。この「蓮風の玉手箱」もその一環だと位置づけてるわけです。先生はいずれは開業なさる予定ですか?

 鈴村 はい、いずれはするつもりです。

 蓮風 開業すると自由が増えますね。一定の病院とつながりを持っておくことも悪くはないですわ。なんでかと言うと西洋医学はどんどん変化して(現場に)新しい情報をもたらしますからね。それはそれで医者としてね、必要な勉強だと思うし、それができなかったら講習会行きゃいいんかな(笑)。

 鈴村 無駄なエネルギーを使う必要はないと思いますが、でもやっぱり最初は病院の中でやってみたいという気持ちがあります。病院の中でやるっていうのは見学に来る研修医とか若手が漢方なり鍼なりを知るチャンスがまず増える、後継者になってくれる可能性のある方の興味を引くことができます。

 また、勤務医で西洋医学を行っている長所は、マンパワー…母体数が多いのでいろんな人が助けてくれるのがメリットです。薬剤師さんとか、看護師さんとか、管理栄養士さんだとか、そういったたくさんの人が知恵を出し合って協力するというのは一つのメリットだと思います。

 蓮風 そうですね、それは全くそうだと思います。
鈴村8-5




鈴村8-6

 鈴村 鍼灸の先生方というのはお一人で開業されることが多いと思います。それにも、もちろん長所もあると思いますが、私なんかは勉強しながら治療していかなければいけない立場なので、アドバイザーなり、いろんな考え方が合わさるほうがいいかなと思っています。それは若い方も私より年上の先生もそうですけれども、なるべく沢山の人と、しっかりとタッグを組んで治療する、仲間を増やすという意味では病院での挑戦を重ねたいと思っています。

 蓮風 それはそれでおやりになったらいいんじゃないですかね。なんせ、僕はとにかく鍼を恋人として、一生懸命に邁進してきた。だから鍼の臨床家としては多分そこらの人には負けないと思うけど、そういう社会性という面では確かにちょっと弱いですね。だから先生がおっしゃる部分でそれが補われるとしたらそれは非常にありがたいことですね。

 では最後に…。「患者さんを治し癒やすには何が一番大切でしょうか?」

 鈴村 自分の(病気の)治療の経験からですが、入院治療を受けている間はとても寂しかった記憶があります。治療はしてもらっていますが、なんとなく寂しい感じがぬぐい去れませんでした。ドクターは忙しくて中々ゆっくり話をする時間が持てません。その時、一人だけいつも気持ちに寄り添って居てくださった先生がいらっしゃいました。その経験からですが、患者さんの「傍(そば)にいること」「寄り添うこと」がやっぱり大事だと思っています。

 病気は表現の一つであり、その奥にはもっと深いものがあります。でも患者さん自身がその奥にあるものに自分自身で気づくには長い時間が必要であるし、医師である私は、それを紐解いていくその過程に、「絶対に見捨てない」という気概を持って向き合うことが大切だと思っています。

 しかし、厳しい現実も伝えなくてはいけないこともあるし、「死」という局面に出会うこともあります。それを受け止めて次に進むことは大事だけど、一番大事なのは患者さんやその家族が病気を理解し受け止めることができて初めて、その歯車が進むと感じています。それとともに自分自身の素地となる、知識と技量が日々進歩していかなければ役に立つことはできません。

 蓮風 そうですか、なるほどね。そういうことも大事でしょうね。医者とか医療人ちゅうのは患者さんに寄り添っていくもんですから、そういう意味では「寄り添っていく」ということはものすごく患者さんに安心感を与えますね。だから病気を治すのは治すんだけど、その安心感があるかないかで、病気の治り方も変わりますね。それは大事なことだと思います。先生、どうも長時間ありがとうございました。

 鈴村 ありがとうございました。<了>

次回からは市立堺病院外科後期研修医の笹松信吾さんと蓮風さんの対談が始まります。


医学ランキング
鈴村7-1

鈴村水鳥さん(写真右)と藤本蓮風さん(同左)=奈良市「藤本漢祥院」

 鍼の知恵を語る「蓮風の玉手箱」をお届けします。小児科医の鈴村水鳥さんと鍼灸学術団体「北辰会」代表で鍼灸師の藤本蓮風さんとの対談の7回目です。小児科でも鍼灸の力を証明する例が示されてきましたが、さまざまな「関門」もあるようです。もちろん東洋・西洋どちらの医学が優れているというわけではありませんが、両方がうまく利用されるのは患者にとって悪いことではないのは確実のようです。では何が「関門」になっているのでしょうか…。前回に続いて今回も「産経関西」編集担当が僭越ながら質問をしたり意見を述べさせていただいたりしています。(「産経関西」編集担当)

鈴村7-2
鈴村7-3
鈴村7-4

 蓮風 鍼灸を含めて東洋医学が認められてきたら、ケースによって、どんな医療や措置が適切なのかその仕分ける案内人がいりますよね? この患者さんには西洋医学よりも東洋医学の方が良いとか、いや、やっぱり西洋医学の方が良いんじゃないかという、そういうコンサルタントみたいな人がおってくれるとありがたいですね。
   

 編集担当 ただ、どうもそのように“仕分け”ができる総合医のような存在について医師会は歓迎していないようです。現在の教育システムの中で専門医として育成された町の開業医さんがそうなってくるとちょっと困るのかもしれません…。「国民皆保険」の是非の問題にもつながってきますが、現実として海外の医療の現状と日本の現状が解離してきているな、という印象はあります。

 蓮風 そうですね。この間もドイツから来た人おったけど、向こうは鍼灸がかなり普及してるみたいですね。

 編集担当 やっぱり、欧米っていうのは医療は高コストのインフラなので、みんなで効率的に分けていかなくちゃいけないっていう考えがあるみたいですね。だから、薬も高いので日本ほど投与されないそうです。

 鈴村 (日本は薬の投与が)多いですね。

 編集担当 安いからっていうのもあるし、患者さんも薬を欲しがるんでしょうね。

 蓮風 鍼灸・湯液(漢方薬)を含めて学んでるドクターの中から水先案内人みたいな方が出てこられると嬉しいですね。そういえば最近、医事評論家みたいな方をあまり見ませんな。

 編集担当 そうですね。

 蓮風 昔は医事評論家いうたら、かなり社会で評価されたけど、そういう医事評論家がしっかりした勉強をして、患者さんに対する適切な助言を与えるっちゅうのは、いいことやと思いますね。

 編集担当 そういうこと仰ってる人はいるんでしょうけど、投薬にしても法的に問題がなければ抑制しにくい実情があるので、「患者のため」と言われればメディアにとっても指摘に至るハードルは高い気はします。薬を供給する側と、投与される側が持っている情報量が非対称ですし、健康や治療のためと言われて効果を示されると、軽々に反論もしにくいですね。ただ薬が過剰なのは間違いないと思います。

 蓮風 ああ、なるほどね。
鈴村7-5

 編集担当 蓮風先生に教えていただきたいんですけれども、子供さんを診る場合っていうのは、子供用の診察っていうのがあるのか、それとも大人と子供っていうのは明確に境があるもんじゃないから、単なる身体の個性として子供に接するんですか?
  

 蓮風 私はね、子供を診る場合、特に5歳以下の子供を診る場合は、子供以上に母親を診てます。幼児以下の場合、ものすごい母親の影響を受けますね。だから母親の嗜好品から考え方から全部うつってますわ。だから子供はもちろん治さないかんけど、お母さん治したほうが早い場合がたくさんあります。

 編集担当 この話の中でお父さんの存在があんまり出てきませんけども、お母さんを治すためにお父さんの協力っていうのもやっぱり必要になってくるわけですよね。

 蓮風 どこまで人間理解するかという非常に大きな問題に関わってきますね。当然、母親と子供は大きなつながりを持ってるけれど、父親との関係もあるし、父親との関係は社会とのつながりによって……。会社の中でいじめられたお父さんはいじけてくるに決まってる。それを家に持って帰ったら、必ず影響するに決まってる。それは本当にねぇ、どこまで理解するかっちゅうのは、なかなか難しいことあるけども、できるだけその子供を巡っての人々のつながりとか相当意識はしますね。

 編集担当 その話の流れの中で、少子化で一人のお母さんが育てる子供の数が減って、子供との関係が密になってきてますし、社会の状況も昔に比べたらかなり、変化してます。鈴村先生が教えを受けたドクター、教授なんかが経験した子供と、現在の子供ってやっぱり違ってきていて、先生も実際に現場で子供を診て「ちょっとこれは教科書にはないな」っていうことも増えてきてるような気もするんです。家族関係も含めて。やっぱりそういうようなことって実際にありますか?

鈴村7-6

子供たちが鈴村さんに贈った手紙や手作り人形

 鈴村 色々なことが子供に影響していると思います。医療を行う地域によっても変わってくると思います。たとえば、田舎と都会ではやはり特徴も少しずつ異なると思います。私が勤めてきた病院は都心にある病院で、働きながら子育てをされてるお母さまが多い、核家族が多いという点も特徴だと思います。その生活背景が子供に大きく関わります。

 病気については、少し前に書かれてる教科書と最新の教科書では少しずつ病気の捉え方や治療法も異なりますし、最近は新しい病気の概念がどんどん出てきています。そういうのも時代の流れというか、昔はこんな病気なかった、と言ったら変な話ですけど、発症する人が少なかったんじゃないかと思いますが、種類の異なる病気も増加しているのではないでしょうか。

 だから蓮風先生が50年も臨床をされていて、多分いらっしゃっている患者さんのタイプとか質とか病気の種類っていうのは異なってきていると思うのですが、それを、どう時代を捉えて、常に新しい治療を模索されているかということを勉強したいと思います。<続く>


医学ランキング
鈴村6-1

鈴村水鳥さん(写真右)と藤本蓮風さん(同左)=奈良市「藤本漢祥院」

 鍼の知恵を語る「蓮風の玉手箱」をお届けします。小児科医の鈴村水鳥さんと鍼灸学術団体「北辰会」代表で鍼灸師の藤本蓮風さんとの対談も後半に入ってきました。今回は医療人と患者としての家族との関係や、患者が医学界を変えられる状況の必要性などが話題となっており、僭越ながら「産経関西」編集担当も質問をさせていただいています。(「産経関西」編集担当)

鈴村6-2
鈴村6-3
鈴村6-4

 鈴村 患者との距離感という話に戻りますが家族が病気になった時の距離感は取るのがなかなか難しいですよね。

 蓮風 私もこれは苦しみました。実際、病気で娘を死なせたこともあるし…。だけどね、自分が信じている医学を、家族に施せないのに、他人に施すなんて、やっぱりおかしい。たとえば、私の父。鍼灸師で、90歳で亡くなっとるんです。それが先祖伝来の酒飲みで、亡くなる1週間前まで朝、昼、晩、寝酒と1日7合飲んどった。

 鈴村 凄いですね(笑)。

 蓮風 それでしょっちゅう鍼してやった。で、亡くなる1週間前にちょっと風邪ひいて、咳が取れんで困るな言う。ここ(藤本漢祥院)で寝起きしとったから、お手伝いさんつけた。で、ある朝「先生、大先生が何か様子おかしい。診に来てくれ」って…。もうまさに心肺停止の状態ですわ。脈も呼吸もない。ただ身体がまだ温かいから「アッこれはついさっきやな」と思って、救急車を呼んで病院へ運びました。ちょうど先生のような若い女性のドクターが診てくれた。一生懸命やってくれて「やっぱり駄目でした」って…。私は「いや、もうそれは最初から分かってるんだ」と言いましたね。

 だからまぁ言うたら最後まで診てる訳ですね。で、母親もそうなんですよ。で、お医者さんでもそうやと思うけども、自分の家族からは逃げるというのは本当の医療人ではないんじゃないかと思うんです。これはもう本当真剣勝負ですよ。実際、私の娘は悪性リンパ腫で亡くなったんですけれども、それ以後もほんといろいろ研究と実践を重ねて、悪性リンパ腫をボツボツ治せるようになって来たんですよ。癌(がん)も、進行を遅らせたり、癌性疼痛を和らげたり、癌自体の大きさも小さくできたケースもあったり、癌自体の大きさはそのままやけどいわゆるQOL(クオリティ・オブ・ライフ、生活の質)が格段に改善した状態でドクターの予告余命を大幅延長できていたり、様々な苦痛を取り除いたりしてあげられる様になってきた。

 だから医療人になった限りはね、他人だろうがそうじゃなかろうが…。特に自分の家族を本当の意味で信用させたら、本当の医者だと私は思っとる。「逃げちゃならん!」というのが私の考えですがどうですか?

 鈴村 はい。勉強になります。ありがとうございます。

 編集担当 鈴村先生は小児科ですので、子供さんに鍼をするメリットをお話しいただけませんか。たとえば西洋医学と比べるとどういったメリットが有りますでしょうか?

 鈴村 やっぱり子供は、鍼が効き易い印象があります。一つ注目しているのは予防医学の面です。小児科の外来をやっていると、よく風邪を引く子が多いですね。それはお母さんが働いてて保育園に行ってる環境では、お兄ちゃんお姉ちゃんから強いバイ菌を貰って風邪をひいて、治ったところで次の風邪をもらうということはある程度仕方がないことだと思います。

 しかし風邪をひき、感冒薬や抗生剤などを処方することを繰り返していると、同じことを繰り返しているだけになってしまいます。抗生剤を投与する前に、身体のベースの体力を上げる治療を、鍼でした方が良いんじゃないかと思うのです。鍼治療で風邪をひきにくくするなどという、予防の意味もあります。

 最終的には内服薬の量を色々な面で減らしていけると思います。子供が薬を飲むことが将来的に精神的な面にどこまで影響するか、まだ私も小児科に成りたてで、分かりませんができれば薬の内服なしで健康な生活を営んでもらいたいです。
鈴村6-5

鈴村6-6

 編集担当 抗生物質は投与し続けていくと効きにくくなってくると聞いたことがあります。ですから素人から見ても小さい頃から投与するのはどうなのか?という印象を持っています。もちろん緊急の場合は別ですが。

 鈴村 あと、喘息の薬とか、長期的な内服が必要な他のお薬に対しても同じことを感じます。まだまだ子供ってパワーがあるので、感覚的な問題ですが、「この子(の症状は)本当は病気からきてるものじゃないのに」と感じる子にもひとまとめで、症状があり診断がつけば薬を処方します。

 たとえば同じ喘息でも、季節が変わるとゼコゼコする子、感染を伴ってゼコゼコする子、咳は酷いのに胸の音はそんなに悪くない子、逆に咳は出ないけど胸の音は酷い子って症状は様々です。診断が同じであればガイドラインに沿って同じ治療をしますが、やっぱり治る期間にも差がありますし、もうちょっと細かく丁寧に、一人一人に合ったものを処方できれば、もっと皆が幸せになれるし、お母さんも子供も家族も喜べるんじゃないかなという気はしていますね。今の考え方で漢方薬などは使い分けて処方するようにしています。

 編集担当 所見によって、どのような治療をするか、というのはマニュアル的に定められているわけですよね。

 鈴村 そうですよね。

 編集担当 そこで「もしかして鍼灸の方が…」とか「他の方法がある」と思ってそれを施した場合、お医者さんの方にリスクが来てしまうというということは?

 鈴村 あると思います。それは非常にあります。だからこそ周りの医者や、医療関係者から信用してもらえるような仕事態度を常日頃からしておかないといけないっていうのは、自分に課しています。

 編集担当 実際に先生が治療されている現場で、東洋医学とか鍼灸の知識を活かして治療される余地というのは、現場では有るんですか?

 鈴村 いま必死に…(笑)。場所を作ってるという感覚です。理解して下さる人をちょっとずつ増やして、まず東洋医学というものを知ってもらうことから始めています。西洋医学の仕事以外にやらなくてはいけないことが増えますが、反応して下さる方はいますね。もちろん高度な西洋医学をバリバリやっていらっしゃる先生方からは何を言ってるんだと思われるところもあると思います。

 でも「西洋医学が良い、東洋医学が良い、どちらが優れている」という点に力を注ぐのではなく、まずは患者さんのために、患者さんが喜ぶことが広がっていけば、患者さんの声が医療を回していく力になります。だからちょっと非難を受けることは覚悟でやっていくしかないです。

 逆に他の先生方がどうやって西洋医学の中で鍼治療をされているかは、凄く興味があるところにはなります。〈続く〉

↑このページのトップヘ