蓮風の玉手箱

このサイトは、2011年8月7日~2015年8月29日までの間、産経関西web上において連載された「蓮風の玉手箱」を復刻したものです。鍼灸師・藤本蓮風と、藤本漢祥院の患者さんでもある学識者や医師との対談の中で、東洋医学、健康、体や心にまつわる様々な話題や問題提起が繰り広げられています。カテゴリー欄をクリックすると1から順に読むことができます。 (※現在すべての対談を公開しておりませんが随時不定期にて更新させていただます・製作担当)

タグ:教授

「鍼(はり)」の力をさまざまな視点から探る「蓮風の玉手箱」は前回に続いて九州大学大学院医学研究院教授(麻酔・蘇生学分野)の外須美夫さんと藤本蓮風さんとの対談をお届けします。今回は「痛み」が話題にのぼっています。患者さんにとって検査の数値がいくら改善しても楽にならなければ、しょうがない。反対にいくら数値が悪くても楽になるのならば救われる。そんな素朴な考えからおふたりの話は「病」を局所ではなく身体全体の「歪(ひず)み」に広がり、患者本位の医療について考えるヒントを与えてくださっています。対話に出てくる局所を“叩く”という治療からモグラ叩きの際限のなさを思い起こす方もいるかもしれません。(「産経関西」編集担当)
外先生見出し2-1
外先生見出し2-2
 蓮風 ペインクリニックということでは、大阪医科大学の故・兵頭(正義)教授、それから鍼を(理学療法の)「良導絡」というかたちでもっていった中谷義雄先生(故人、医学博士)。中谷先生に鍼を教えたのがうちの親父なんです。中谷先生が兵頭教授に話をして、ペインクリニックに使えないかと。当時、京都大学でそういう東洋医学をもうちょっといい方向に持っていけないかと、笹川久吾先生(生理学者、故人)らが集まって、「東洋医学談話会」というのを作った。その中にうちの親父がいれてもらっていろんな話をした。

 外 兵頭先生はペインクリニックの大御所です。

 蓮風  私も大阪医科大学で講演したことがあります。

 外 東洋医学に強く興味を持ったひとつのきっかけはですね。痛みの患者さんをみる中で、石田秀実という人が書いた「気のコスモロジー」という本に出会ったことです。

 蓮風 石田秀実さん、はいはい。
外先生見出し2-3
 外 これはなかなかすごい本だと思いました。身体が発する声というのでしょうか。私たちは脳に心がある、脳がすべてをコントロールしていると思っているけれども、そうではなくて、身体そのものが心というものを表出する。この本や、彼の他の本の中には、鍼のことや経絡のことや、東アジアの身体に関する考え方が書かれています。そんな本との出会いから、私自身も東洋医学の神秘や、現代における意義を感じるようになりました。

これまで西洋医学をずっとやってきましたが、なんでも薬、薬になってしまいます。製薬会社の言いなり、といってはいけませんが、あまりにもお金がかかるし、患者さんの負担も大きい。そういうこともあって、もっと違う世界があるのではないかと思っていました。

 

 蓮風 たしかに西洋医学の医療手段としては薬の位置が大きいですよね。あまりにもね。
外先生見出し2-4
 外 多くの医者は、診断までは考えながらやりますが、それから先、ある診断が下れば、治療薬が並べられて、それで治療することになります。その薬が病気を本質的に治すというよりも、ある悪影響を与える物質の作用を抑えようという目的で薬を使うことになります。医療は進歩しているのは事実で、昔治らなかった病気が治るようになりました。癌(がん)の治療もだいぶ進んでいます。高血圧の治療薬もあります。

しかし、あまりに薬に頼っている世界があります。たとえば、ある物質の作用を抑えようという目的で薬を投与すると、そこだけに効くのではなくて他のところにも影響が出ます。だから全体的に見ると、ある機能を変化させると他の所までに歪みが生じてきます。部分では治療できているようでも、全体からみると歪みはもっと大きくなっている。そういう要素を西洋医学は持っています。

 
 蓮風 先生に一本取られたような感じで、あの、身体の歪みという考え方、局部がどうのというより、全体の歪みという考え方自体が、気の医学につながっていくんですよねぇ。

今日もあるお医者さんと話していたんですけれど、インターフェロンがC型肝炎の治療法だということですけれど、インターフェロン自体が人間の身体の中で生産される物質だと。ところが、人間の身体の中で生産されて動いている限りは、一種の免疫として働くんだけれど、薬として注入した場合には、いい面もあるけれども、先生のおっしゃるように、いらんところまで行って、身体を歪ますという面がある、ということを聞きました。
そこでC型肝炎の患者さんに鍼をしましてね。ほかの方法をなにもやらずに、鍼をしたところ、C型肝炎ウイルスが消えていく現象があるんです。あるいは全く消えなくても、減少する傾向にあるという西洋医学的なデータもあるんですわ。 

 外 不思議ですよね。

 蓮風 だから、もしね、無理なく、人間の身体から出てくるとするならば、いま先生がおっしゃったように、薬剤として投与した場合とは意味が違ってくる。いらん所へ行っていたずらして、歪みを大きくすることはまずない。もし鍼が関与するということになると、大変なことなんですよね。
外先生見出し2-5
 外 そうだと思いますよ。先生の診療現場を見ると、不思議なことが起きていますよね。それは人間にそもそも備わった力というものを鍼が導いているということになります。西洋医学はそういうところを叩こう、叩こうとしている。本来持っている力を叩こうとするところがあります。

 蓮風 結局は、自然治癒力というか、漠とした概念かもしれないが、そういうものが働かないと、実際、人間の身体は治らんのですよね。

 外 そうだと思います。

 蓮風 まさしくもう、なんか、先生に最初から一本取られた感じで。気という医学は、そういうことが根本命題なんですよね。だから局部が治っても、全体がダメになるとまたダメなんだと。そういう発想からいうと、面白い現象があるんです、臨床をやっていると。あの例えば鍼をやっとっていろんな病気を良くしていくわけですけども、患者本人の自覚症状はかなり改善してきているのに、西洋医学のデータでは全然良くなっていないという結果が出ることもあるんですよ。

 外 ほう。

 蓮風 例えば今日来とった、あのおばあちゃん。肺の非常に重い病気。その人なんかはもう西洋医学ではもうまぁ言うたらデータが全然悪い。

 外 肺の機能としては悪いけれども元気なのですか。
外先生見出し2-6
 蓮風 ところが、ちゃんと診たてて鍼を頭へ1本するとねぇ、脈が良くなって。もうどんどん咳がでて痰が出てたのがうんと減ってきとるんです。

 外 はぁ。

 蓮風 だから西洋医学の基準とズレてても実際にある部分でまた改善できているんですよねぇ。

 外 うん。そうだと思いますよ。それはデータには表れない。

 蓮風 はい。逆に言えばデータ中心とする西洋医学から見るとまさしく珍奇な現象で。

 外 うん。そう思いますね。

 蓮風 ところが患者さんは「救われるか救われないか」という点から言うと、先生がさっきおっしゃったように、もうとにかく「痛みとってくれ」と言った場合に、とれればそれは一つの患者さんの救いになりますよねぇ。

 外 まさしくそうだと思いますねぇ。患者さんが何を求めているかということですよね。そこに合致するかどうかが大事だと思います。

 蓮風 このカルテの人は緑膿菌肺炎。

 外 結構重症じゃないですか。

 蓮風 重症ですよ。それでもう本人は死ぬ死ぬ言うからね、「ちょっと待てよ」て。舌診て脈診て、「あんたまだまだそんな簡単に死なんで」て。「残念やったなぁ」という話をするんですがね。で、鍼するとやっぱり良くなる。ところが西洋医学の検査受けるたびにまた肺が白なったとか(炎症反応を表す値の)CRPが上がったとか言われてね、でもそれを十何年やってきて落ち込んでいったんやろうって。せやけど今僕があなたに、別の方法で助かるかもしれないって言ってるんだからいっぺんこっち(東洋医学)の方に向けたらどうやということ言って今がんばって治療には来てるんですがね。

 外 おーそうですか。

 蓮風 はい。

 外 なんて言うのですか、免疫力の低下とかいろんな病気になる基の身体の具合っていうのがあるのでしょうね。そういうところを気で説明できるのかもしれません。

 蓮風 そうですね。

 外 不思議ですね。それも頭に。

 蓮風 (頭のてっぺんにあるツボの)百会に1本。おもしろいです。

 外 その辺がね。

 蓮風 だからまたね、お忙しいだろうけども、時々診療所へ来てこの怪奇現象を見て頂いて。ハハハ。

 外 それが不思議でならないのですね。

 蓮風 先生はそういうところに関心を示されて北辰会で勉強なさる気持ちになったと思うんですけど、でも実際は鍼の勉強はどうなんですかね、先生の…。

 外 実を言うと昔に西洋鍼というか、とにかく背中の圧痛点に鍼を刺す方法をやったことがあります。

 蓮風 はいはいありますねぇ。

 外 そういうトリガーポイントに似たようなことをしたことはあります。

 蓮風 それとまぁ先生の今のお話しから言うと、魅力的なのは癌でどうしょうもない痛みが、(拳をつくると小指の根元にできるしわのあたりにある)「後溪」というツボを使いますとですねぇ、かなり…。

 外 それはどうしてでしょう?

 蓮風 だからこれは東洋医学の五臓論から言うと、五臓には木・火・土・金・水の五臓でそれぞれ各臓に神さんがあるという。「五神」と言うんですがね。で一番それを統轄するのが「心神」ですわ。まぁ西洋医学で言うと脳みたいな働きをするやつがあるということを言っとるわけで。でその心神が最終的には支配するから、痛みに関してもその心神が痛くないと思えば痛くないんです。

 外 ほぉー。
 
 蓮風
 「神主学説」といいます。

 外 ほぉ。

 蓮風
 こういう考え方があるんです。

 外 うんうんうん。

 蓮風 「神主学説」。でそれを思うとこの後溪がなぜ効くかいう説明ができます。それと、これを昔の人もやっとったかもしらんけど、直々にやりだしたのは私なんです。なんでか言うと、私の娘が急性悪性リンパ腫でもうここ(のどの辺り)が痛い痛い言うてもう夜これまたひどかったんですよ。半年かかって亡くなったんですけども、朝・昼・晩と治療しとったんですよ。せやけど、夜になって治療院を出て帰ったら「痛い痛い」と言う。もういろいろやったけど治らんで、最後にこれ(後溪)にやることによって、最初は鍼を捻るからちょっと「響く響く」と言うとったんですけど、やがてスヤスヤ寝だしたんですよ。:「響く」というのは刺鍼部位にズンズンとした刺激感(人によっては軽い痛みに感じる場合もある)を覚えることがあり、これを「鍼の響き」という。

 外 そうですか。

 蓮風 自分の娘だからやってみたんですが、これは凄い事を発見したと。それが「神主学説」概念の応用のあの鎮痛法なんです。

 外 そうなのですか。〈続く〉


医学ランキング

初回公開日 2011.12.4
「鍼(はり)」の力と可能性を探る「蓮風の玉手箱」は今回から藤本蓮風さん(鍼灸師、北辰会代表)と九州大学大学院医学研究院教授(麻酔・蘇生学分野)の外須美夫さんとの対談が始まります。人の苦しみのひとつである「痛み」と向き合う外さんが鍼に興味を持ったきっかけなどを語ってくださっています。患者の「幸せ」を重視する外さんの考えと東洋医学との出会いは「本来の医療とは何か」という問いの答えになっているかもしれません。(「産経関西」編集担当)
外先生見出し1-4
外須美夫 (ほか・すみお) 九州大学大学院医学研究院麻酔・蘇生学分野教授。 昭和27年、鹿児島県生まれ。九州大学医学部卒業後、同学部手術部助手、米・ウィスコンシン医科大学麻酔科留学、北里大学医学部麻酔科教授など経て現職。著書に『眠りと目醒めの間― 麻酔科医ノ-ト』『痛みの声を聴け―文化や文学のなかの痛みを通して考える』など多数。



外先生見出し1-1
外先生見出し1-2
外先生見出し1-3
 蓮風 外先生、今日は大変お忙しい中、お越しいただいてありがとうございます。産経新聞大阪本社の情報サイト「産経関西」、もうご存知だと思いますが、そこで蓮風の玉手箱で対談を連載しております。第1回目は民族学者の小山修三先生、第2回は中国学の杉本雅子先生、そしてこの3回目に外須美夫先生と対談させていただいて、我々としては大変嬉しく思っております。

 外 私こそ、誘っていただいて大変感謝しております。力不足かとは思いますが、私も蓮風先生のセミナーや教えを少し学びましたので、何かお役に立つことができればと思っております。

 蓮風 恐れ入ります。まぁ、先生のことやから、おそらく東洋医学とは古くからお付き合いがあったと思うんですけれども、まぁ男と女でいうと、馴れ初めみたいなものがあると思うんですけれどね、あの出会いというかなんかは、いつ頃どのような形でなさったんでしょうか。

 外 以前から興味はあったのですが、私は医学部を卒業して西洋医学にどっぷり浸かって医療をしてきました。特に手術の麻酔はまさに西洋医学の力が大きく発揮される場所です。人の生死に関わる場面で西洋医学を駆使しながら医療をやってきました。ただなんとなく、西洋医学の中にいながらそれがすべてだろうか、という思いはずっと持っていました。麻酔に関しても、歴史を振り返りますと、華岡青洲が世界に先駆けて全身麻酔を成功させております。華岡青洲のことを読んだり、調べたりして興味を持っておりました。200年以上も前のことですが、華岡青洲は自分の患者さんを助けてあげたい、手術を成功させたいという思いで、勉強をして、通仙散(つうせんさん)を自分で調合しました。朝鮮朝顔が主成分です。

 蓮風 そう、曼荼羅華(まんだらげ)。

 外 調合を間違うと怖い薬ですが、困難を極めながらも、やがて全身麻酔を成功させます。華岡青洲の信条に、「内外合一」という言葉があります。内と外を一緒にする。それはたぶん、内科と外科、オランダ医学と東洋医学を合一させながら進めなければならないということだと思います。そして苦難を乗り越えて、全身麻酔を成功させます。西洋ではそれから遅れること40年して、エーテルを吸わせることで全身麻酔を成功させて、一気に世界中に広まっていきました。

 華岡青洲のことも東洋医学に興味を持つひとつの理由でしたが、私は麻酔科で手術の麻酔をしながら、痛みにずっと興味を持っていました。手術の痛みは、麻酔薬を吸わせたり、意識をなくせたりすることで取れますが、ペインクリニックや緩和ケアで長く続く痛みをどう治療したらいいのか、西洋医学だけでいいのか、東洋医学の力はないか、そういう気持ちもずっと持っていました。そういうなかで今回、北辰会のことを、去年のペインクリニック学会で(医師の)藤原昭宏先生との出会いがあって、知ったわけです。

 蓮風 いまの先生のお話を伺っていると、まず麻酔を使っての手術で、日本の偉大な科学者といいますか、西洋と東洋の折衷というか、そういうことから麻酔術を使って乳がんの手術をやった華岡青洲先生に非常に感動なさった、ということですけれども。私どものほうから言いますと、中国の唐の時代に、(中国・後漢時代の伝説的名医の)華陀が、麻沸散(まふつさん)というのを使って全身麻酔をやっているんです。また、「内科と鍼灸でもって治らんやつを、外科術でやるんだ」と。そのことは実は華岡青洲先生もおっしゃっているんです。で、意外かもしれませんが、華岡先生は舌診の専門書を遺しておられます。華岡青洲の口授とされる『舌診要訣』という書物が存在するようです。我々臨床家のほうから言うと、身体の全身の状態がよくわかるんですね、舌1枚で。たとえばショック状態で、もう意識が朦朧としているが、でも意識があるという場合に、脈が触れないんですよ、私が診たのでは。ところが舌出すと、これは助かるか、向こうへ行くかというのがわかるんです。だから、おそらく、華岡先生も舌診を術後の判定に使ったのではないかと。

 外 そうですか。

 蓮風 だからそういう東洋医学の、単なる麻酔とか、外科術ではなしに、総合的に診断学を見事に使っているのではないかと。当時の西洋医学の診断学いうのは、まぁそうたいしたことはないですよね、実際のところ。そうするとまぁ脈診たり舌診たりするのがせいぜいだと思いますが、その中で舌診を使ってられたことに、まず感動しました。それとやはり、彼がやったのは、(江戸時代に広がった蘭方医学の)カスパル流の外科学ですかね、西洋では。それをやってしかも、漢方専用の外科学があるんですよ。たとえば戦で矢が刺さった、引っこ抜いて傷を治す。それから刀傷なども。そういうことを漢方でもやってるんですね。だけれど先生のおっしゃるように、乳がんのような、とんでもない病気を外科術においてやる。内科でも治らない、鍼灸でも治らないものをなんとか治らんか、命を助ける立場から他の方法がないかといったときに、あの人ははっきり、外科が適用になる、そのために麻酔というのが必要なんだ、とおっしゃってたと思うんです。そういうことを外先生もお気づきになってたとのお話を伺うと、もう感動しますね。
外先生見出し1-5
 外 以前、ニクソン大統領が訪中して、鍼麻酔のことが話題になりましたが、その後、脚光を浴びなくなりました。最近、私は100人位の中国人の麻酔科医の前で講演する機会があって、その中で鍼麻酔を実際に臨床で使っている先生はおられますか?と質問したのですが、手を挙げたのは1人だけでした。ただ最近、医学雑誌に心臓手術の麻酔を鍼で電気刺激して行う方法が紹介されていました。西洋の麻酔薬と少量一緒に使いますが、呼吸を残したまま行うという特殊な麻酔法です。左右6所の経穴を電気刺激していました。

 蓮風 それは鍼に電気を通すんですか?

 外 はい。
外先生見出し1-6
 蓮風 麻酔科の先生からすると、西洋の薬、エーテルとかを使うより、安全度は高いですか?

 外 私たちから見ると、麻酔薬を使ったほうが安全ではないかと思います。気道確保を行った方が安全ですし、患者さんにも負担は少ないと思います。ただ、鍼麻酔は医療費が安く済みます。

 蓮風 それは非常に重要な部分でしょうね、特に中国では。

 外 そうですね。しかも術後の経過が良い。集中治療室にいる期間も、入院の期間も短いし、術後の経過も良かったと書かれています。ですから、鍼麻酔もまだ使われているということですね。

 蓮風 鍼麻酔というのは、ある意味で政治的に中国が巧みに使った術なんであって、日本の鍼灸師がまたワッと乗ったんですよ。「我々は麻酔だ」とかなんとか。そんなん、なるわけないんであって。ただ中国がアメリカと外交をやりかけ、日本と外交をやりかけたときの、ひとつのセンセーショナルな出来事をうまく使ったんだろうと思うんです。

 外 そうですね。

 蓮風 麻酔と鍼とはもともと関係ないかというと、「止め鍼」というのがありまして。痛みをなんとかして止める術を研究した学派もあるんですわ。ですからあながち根拠のないことではないんですけれども。あの当時は、テレビで、頭を開いてね、(開いたまま)物を言ったりして、もうびっくりするようなことをやったけれども。ちょっと解剖を学んだ人間にとっては、実は、ここ(頭)を開けても、なんともないんですよね、ものを喋 が、患者さんを幸せにしているかというと必ずしもそうでもありません。

 蓮風 その点に関してね、また、先生に数時間、聞いていただかないといけない臨床事実があるんです。ただ時間がないので、1例だけ。脊柱管狭窄症あるでしょ。

 外 あれも難しい病気です。

 蓮風 それで間歇性跛行(かんけつせいはこう)あるでしょ。ある人がひどい場合はブロック注射するんだけれども、もうひとつ効果がない。それを私がやりましたら、数回で痛みが取れてきた。そのあたりをもしよかったら先生に伝授して、先生が直々にやっていただけたら…。

 外 いや、僕にできますか。

 蓮風 できます、できます。

 外 そうですか?

 蓮風 ほんとにちゃんとやればできると思う。それがまた鍼の魅力なんです。

 外 僕は先生の診療風景を見て、ほんとうに奥深いと思いましたね。北辰会との出会いは、ペインクリニック学会で藤原先生のお話を聞いてからですけれども、その時も「本当に効くのかなぁ」と半信半疑でした。印象的だったのは、「帯状疱疹後神経痛は鍼で治せる」と藤原先生がおっしゃった。私は帯状疱疹後神経痛で自殺された方を知っています。それぐらいつらい痛みです。藤原先生の発表を聞いた後、すぐ藤原先生をつかまえて、「どうしてできるのですか。先生の診療を一回見せてください」とお願いしました。そうしたら「私の診療より、蓮風先生の所へ行かれたらどうでしょう」と紹介していただきました。

 蓮風 それが北辰会との出会いということでしょうね。

 外 そうです。 〈続く〉



医学ランキング
「鍼(はり)」の力を探る「蓮風の玉手箱」をお届けします。今回で帝塚山学院大学教授の杉本雅子さんと蓮風さんの対談もいよいよ最終回。中国の研究者としての視点だけでなく患者の立場でもさまざまな意見を示してくださっている杉本教授と蓮風さんの軽妙で深遠なやりとりを読まれて鍼への見方が変わった方もいらっしゃるのでは…。今回は「モノ」として目に見えない生命のダイナミズムに話が及び医学や人体の本質に迫っています。異文化への考察も興味深いですよ。(「産経関西」編集担当)
杉本見出し10-1
杉本見出し10-2
 蓮風
 (中国古典医学書の)『霊枢』の経水篇というところがあって、そこには「其死可解剖而視之(人が死んだら解剖して視てみよ)」と書いてある。

 杉本 そうなんですか?

 蓮風 で、全けき機械論としての生命体も認めたんです。だけど、それだけではもう生命全体のこのダイナミックな動きを説明できない。だからそれを気の世界でもう一回見つめ直した。それが経絡、臓腑なんですね。

 ところが歴史的に見るとまた面白いことに、明治以前に杉田玄白、前野良沢とか、彼らが『ターヘル・アナトミア』を翻訳して『解体新書』を著した。その『解体新書』ができるにあたって、彼らが何を言っとったかいうと。追本記がありましたな。あれ、そうそう『蘭学事始』。その中に、我々は医学をこんだけやっとって、人の身体の中も知らんとやっとったわけです。述懐するとこあるんですよ。そこが、過ちなんです、まず。解剖せずして見るから生命の躍動が判ったのに、解剖をして限局してしまった。だから僕はね、『解体新書』何ものぞ!と。「異文化に接して初めて自分の文化が築かれる」っていうこと確か、杉本先生がおっしゃたと思うけど。

 杉本 前に言いました。

 蓮風 それは漢方医学もそうなんですよ。西洋が入ってきて、西洋と自分はどこが違うかいうたら、また『霊枢』のとこへ戻ってきたわけです。だから我々みたいなものが今出てきて、本当の漢方鍼灸の鍼をやるには(『霊枢』などをもとにした古典医学書)『黄帝内経』に基づかないかんという理論になっていくわけです。

 杉本 いや~『解体新書』が間違ってたんですね。

 蓮風 極端に言ったら杉田玄白の犯罪性という話になってくる。

 杉本 そりゃ、本当にね、面白いですよね。『解体新書』というのは。まあ普通に考えれば、あれで日本の西洋医学が発達したっていうふうに見られてるわけですから。

 蓮風 『解体新書』いうのは、人間の身体を解体したんじゃない。医学を解体した(笑)。

 杉本 要するに、解体して一個一個、でもこういうふうに考えるとが、まさに西洋医学なんですよ。一個一個のものをバラバラにみると。一個一個バラバラに見るっていうのは、西洋医学のたぶん基本なんですよ。肝臓が悪い、で、おしまい。肝臓が全体の中でどういう位置づけで、どう悪くなっているかでなくて、「肝臓が悪い」みたいなのは、さっきのその中国医学の考え方とは全く…。

 蓮風・杉本 (声を合わせて)違う!

 蓮風 そういうことですね。その部分がよく誤解されるんです。

 杉本 まあ、わかりやすいからですね、西洋医学は、要するに、これだけ切り刻んでみると、ほらここにガンある。目に見えたらみんな納得しますからね。

 蓮風 そうそう、そうそう(笑)。
杉本見出し10-3
 杉本 逆にいったら切り刻んだりしないで治るのが、本当のさっきの気持ちいいっていうやつ(杉本さんとの対話の第8回参照)で、すごいのに。

 蓮風 そう、切り刻まんからこそ生命のダイナミックな部分が見えていく。

 杉本 昔ね、人間の身体をこう宇宙みたいに見立てて描いた、みたいな絵もありましたよね。

 蓮風 ありました。あれはね、道教です。

 杉本 まあ、元々道教思想と絡んでて、ああいうもの出てきてますから。正にそういう感じですよね。小宇宙みたいな感じで、身体の中が。

 蓮風 そう、それも極めて有機的に描いている。

 杉本 日本でも、でも昔はそういうふうに描かれてましたよね。昔の本にはそんな風に描いてあったりしますけど。
グラフィックス3
 蓮風 ただ、やっぱり日本なんかでは、それに疑いを持った連中がね、カワウソを解剖したら何か違うなと。おまけに処刑された人間のお腹切ったら違っとったぞと。その辺から、段々段々機械論の方へ目が向けられていくんです。だから歴史というのは大事なんで。なぜ、こういうことが起こったかということを知っとかんといかんねや。

 杉本 そうですね~。

 蓮風 だから、僕がお世話になった先生、学問の基本は解剖学者なんですよ。学問やるんやったらこういうふうに考えるべきだと。その基本が解剖学やった。だから、それに対する、非常に執着と同時に、アンチテーゼがあるわけです。それが、東洋医学の気の思想であり、経絡であり、開いても開いても出てこんじゃないか、という話に繋がっていくわけです。だから、結構ね、僕もそのロジックの面を解剖学者に学んだんですけど、そのロジックの立て方自体が、もう西洋医学そのものなんですよね。で、僕は東洋医学には東洋医学のロジックもあるだろうという事で、まあ、太極陰陽論とかなんとかいってやってきてるわけです。だから、そのロジックの面も整理せないかん。

 杉本 まあ分かりやすいようにっていうふうに、何かみんなで納得したいみたいなのがあるんですね。

 蓮風 それはあります。
杉本見出し10-4
 杉本 何かしらんけど治った、よりは、ちょっと説明されると安心する、みたいな。一般庶民としては。
杉本雅子4
 蓮風 やっぱり人間の性(さが)でしょうね。

 杉本 ですよね。

 蓮風 業というか。

 杉本 ちょっとそこら辺のところもね、何か分かりやすくなったらいいですけどね。先生にそこのところを分かりやすく書いた本いっぱい出して頂いたら。

 蓮風 まぁね~。書きまっせ。(一同笑い)年いってるけど結構元気なんです。

 杉本 いえいえ「超」元気ですよ。

 蓮風 「超」元気?わっはっは!

 杉本 もう、大丈夫かと思うくらい元気ですけど。まあ、それは元気でいてもらわないといけませんけどね。いっぱい人育てて頂かないと困りますから。

 蓮風 先生に最初に挨拶で言い忘れたのは、僕個人もお世話になっていますけども、北辰会が中国の団体と学術交流のようなこともできるようになったのは先生のおかげです。あれがまた大きな原動力になってね、今度、国際学会みたいなところに出してもらえる事、これはすごいことですよ。

 杉本 逆に言うと、中国がね、今本当の中医学が危ない状況にあるってこと、中国の偉い先生はよく分かっている。分かっているから、なんとかね、日本もこんなことやってるぞ、というのを刺激として与えておかないと、本家本元がダメになる。きょう、しみじみね、本当にやっぱり鍼の先生は難しいわと思いました。

 蓮風 難しいでしょ。色んなもん抱えすぎてるねん。それも本質に関わるから。本質に関わる部分が、ずれ落ちてるんでしょ。それをもう一回こうやって、しかも鍼灸師を育てるというのは大変な事ですよ。

 杉本 そうですよね。マニュアルじゃない鍼灸師をちゃんと育てていただかないと。患者のためですからね。

 蓮風 そうです。きょうはどうもありがとうございました。

 杉本 いえいえ、ありがとうございました。  <完>

 

 

次回からは、九州大学医学研究院教授の外須美夫さんと蓮風さんの対談が始まります


医学ランキング
「鍼の力」をさまざまな方向から語ってきた杉本雅子・帝塚山学院大学教授と蓮風さんの対談も終盤に近づいてきました。今回は患者が育った風土で治療の仕方も違ってくるという話が出てきます。不思議な印象も受けますが、心身は生活する環境に影響を受けるので当たり前のことかもしれませんね。蓮風さんの診察の段取りの説明も出てきますが、舌をみたり脈をとったりもしますが、一番大事なのは…? それはおふたりのお話をお読みくださいね。(「産経関西」編集担当)
杉本見出し9-1
グラフィックス2
 杉本
 打鍼なんかは、特にどういう人に打ったらいいとかあるんですか?

 蓮風 ん、これはね、あの中医学で言う「虚実錯雑」。

 杉本 あ~弱い人?

 蓮風 まあ、複雑だということですね。普通、虚証だったら虚ばかり。で、実だったら実ばっかり。

 杉本 そうですね。

 蓮風 虚と実を比べれば、実のほうが治しやすいけれども、虚と実が同時に存在する場合があるんですよ。これに対して、この打鍼は非常に有効なんですよ。だから、ガンの中期以降の末期にかかる人は殆ど、もう虚実錯雑で、それを巧みに操って長生きさせていくんですよ。ある女性は、乳がんから骨に転移した。それを僕はずっと治療しとって、まあ、抗がん剤やってますけども、なんと、もう7年。

 杉本 へぇ~

 蓮風 これも現実なんですよ。だからそんなんが出てくると、工夫次第でどないでもなる部分が見えてくると、もう、それはそれは素晴らしい世界が。

 杉本 そうですね、だからやめられないんですね。

 蓮風 そう、だからやめられないんです。やめられない止まらない(笑)。

 杉本 ま、是非、突っ走って頂きたいと思いますね。

 蓮風 くたびれてるのに、わ~はっはは!

 杉本 なんかね、今日、先生とお話してたら、前から私、今日も出てきた「手当て」とか「病は気から」みたいなのはね、中国(の研究を)やってますから、言葉の関係として、中国語から来てるんやなと思ってたんですけども、そうそう、「無邪気」もそうですね。無邪気っていうのは、日本だったら赤ちゃんみたいなもんですね。邪気が無いっていう、その言葉の持っている意味ね。赤ちゃんって、お母さんの免疫持ってますから、本来は母乳飲んでるうちは、あんまり邪気が入っていかないんですよね。だから無邪気っていう言葉使うんだろうなと思ってるんですけど。

 今、先生がおっしゃったことで、「虚々実々」っていうのもそうかも?虚々実々っていう日本語も結局ルーツはここかっていうようなね。うん。虚々実々なんていうのは、これまで、あんまり意識してなかったんです。今の先生のお話聞いてて、あ、虚々実々もかって思います。ってことは、この中国医学みたいなのが、もう凄く浸透しきってて、そこで日本に来たかっていうことなんやねという。

 蓮風 そうそう、そういうことですね。
杉本見出し9-2
 杉本 よくわかるんですよ。それだけ日常の中に入ってるっていうことなんで、まあ、使い古された言葉でいうと、古代からの智恵ですよね。
杉本見出し9-3
 蓮風 そうそう。

 杉本 本当、智恵ですよね。今それね、中国では東方科学とかね。

 蓮風 はぁ、東方科学ね。

 杉本 残念ながら科学を振りかざす人達に対して、東方科学って、結局「科学」ってコトバを使わなきゃいけないようなね、わざわざそんな言葉を使わなきゃいけないような状況っていうのが、まあちょっと気の毒な状況で。さっきも話題になった、(中国の)広州中医院でやってる老中医の技の保存の取り組みなんか、物凄い危機感の表れだと思うんですよ。ちょっと話かわりますけど、同じ中国医学って言っても、その土壌によってあり方が違う。日本は農耕文化、中国も農耕文化。

 蓮風 そうそう。日本も農耕民族ですが。

 杉本 日本も農耕ですが、やっぱり風土が違うから違うふうに入ってくる。

 蓮風 そうそう。風土も違うし、体質も違う。そして、生活信条みたいなものも違うし。だから、同じ中国医学のオリジンを持ちながらも、その地域しかない、そういう部分に限定されて、独自の医学を作ってきた。それが日本の医学だということ。と、まあいつでも言うわけなんですけど。中国人に比べると、やはり日本人は繊細です。だから太い鍼をブスブスやられたらね、これはもう死んじゃいますよ。

 杉本 そうですか。

 蓮風 はい。ところが、今言うように中国人はそれが合う。ところが、ここ数十年前までは、中国の鍼は太いやつでやっとったんだけど、最近細いのでやってる。

 杉本 細いですね。本当に。

 蓮風 なんでか言うと、やっぱり、現代的な都会人が増えてきたんですよね。だからね、(中国の古典医学書の)『霊枢』の中に書いてある。「貴人は皮毛を刺すべし。」と。

 杉本 え~?

 蓮風 位の高い人達はほんの浅いとこちょっと。

 杉本 あれですね、豆をマットの下にひいて寝ても痛がったお姫様みたいなものですね。すごい感覚がデリケートなんで、そういうのでやれっていう…。

 蓮風 だから、とにかくデリケートな鍼せんとダメだいうのが、古典にも書いてある。それは、やっぱり現代人自身がそういう風になってるんですよ。で、やっぱり激しい肉体労働をしている人は皮膚も丈夫やし、まあ、ある程度鈍感でないとできませんわな。そうすると、ある程度、鍼もちょっと強いめにすると良いんです。

 杉本 先生が使われる鍼はいつも一種類なんですか? 鍼の太さは色々なんですか?

 蓮風 色々あります。特に田舎行く場合には色々持っていきます。

 杉本 へ~。

 蓮風 ここでね、鍼しとって、例えば0番鍼(直径0.10ミリメートル)という一番細い鍼がありますが、田舎行ったら、この細い鍼ではダメです。

 杉本 え~?

 蓮風 5番鍼(直径0.24ミリメートル、タフリー社製の「蓮風鍼」は直径0.25ミリメートル)以上使うんですよ。肉体労働している人で、もうしょっちゅう、お日さんにあたって刺激を受けている人に対しては太い鍼でないとダメです。だから、それは同じ日本人でもそんなんです。

 杉本 それが全部、観察でわかるんですよね。望診というのか何と言うのか。

 蓮風 そう、だからそういうのを鋭く敏感に感じさせなあかんのですよ。今日も弟子達に早よせい!いうて、ゆっくりしておったらねダメなんですよ。

 杉本 ふーん。色んなところ関連づけて。全部を。

 蓮風 そうですね。

 杉本 診断で一番先生が大事にされるのはなんですか?

 蓮風 診察ですか?

 杉本 診察ですね。

 蓮風 やはり、まずパッと入って来た時の患者さんの雰囲気ですね。今日は何かおかしいなっていうのが直感でわかるんですよ。

 杉本 初めての人でもですか?

 蓮風 初めての人でも。これは、これやなと。それから、筆跡鑑定やるんですよ。患者さんに自分の名前と住所を書かすと、その癖が出てくる。

 杉本 へ~。

 蓮風 今、心の中で何を気にしているか、大体わかるんですよ。

 杉本 筆跡で、ですか?

 蓮風 それもね「筆跡に見る心のひだ」として、また本を書こうと思っているんです。

 杉本
 先生、それこそ怪しいですよ(笑)。

 蓮風 いやいや怪しくない。ちゃんとした理論があるんです。

 杉本 へ~!!そうなんですか。

 蓮風 心の内が見えてくるんですよ、こう。

 杉本 筆跡で? 不思議やわ~。

 蓮風 いや、まあ、それは臨床家の目でそういう事やるわけですけども。まず、雰囲気。一番大事です。それから、やっぱり、舌診、脈診。それから、体表観察。その次が問診を重ねていくんですね。問診は弟子たちがほとんど1時間半から2時間ほどかけてします。
杉本見出し9-4
 杉本 あ~最初にね、してくださいますね。そういえば、問診って先生が治療される時はあんまりないですよね?

 蓮風 あの、彼ら(弟子たち)が問診したやつを僕は点検するんですよ。点検して本当に、ここん所は本当はどうやったんか、曖昧やったら、もう一回聞き直させると。それで、いわゆる病因病理と証(証とは、その時点での病の本質を示す言葉で、東洋医学の専門用語)が決まればもう方向性が決まっているから、後はもう、ちょっとした事聞くだけです。あとは変化追うだけやから。

 杉本 ふーん。そしたら一番診てらっしゃるのは、全体の雰囲気で、次が脈ですか?

 蓮風 脈、舌。それから、顔面の気色。

 杉本 気色? 気色が悪いという。これも中国語ですよね。気色。気色つまり顔色や血色が悪いっていうのは病人の証拠。今の日本語では気持ち悪いみたいな使い方しますけど、まあ病人の顔のことですよね。

 蓮風 『霊枢』の診察法でね、鼻を中心にして五臓の動きがよく見えるって書いてあるんです。その通りやると、やっぱり出てますね。

 杉本 ふ~ん。じゃあ、やっぱり(『霊枢』などをもとにした中国古典医学書の)『黄帝内経』はバイブルなんですね。

 蓮風 あれを信じられなかったら、もう絶対成り立たないですね。だから、あれ無しで出来るか言われたら、もうダメですね。自分の足元切られたようなもんで。もうあれこそが!

 杉本 でも、それを普通に鍼灸の学校ではやるんですか?『黄帝内経』を学ぶんですか?

 蓮風 少ないですね。

 杉本 そしたら、それ先生おかしいですよね(笑)。それがバイブルなのにそれをやらないって。

 蓮風 だから、それを教える人も無いんや。本当にはっきり言ってお粗末ですよ。これ、オフレコにして。

 杉本 あはは(笑)〈続く〉


医学ランキング
鍼灸師で「北辰会」代表の藤本蓮風さんと帝塚山学院大学教授の杉本雅子さんの「鍼(はり)談義」の第8回目をお届けします。今回は杉本さんが患者側の率直な疑問や、願いを蓮風さんに伝えてくださっています。買い物をするときは「賢い消費者」が得をするのと一緒で、病気になったときも「賢い患者」になったほうが得なのは当たり前のようです。ただ人それぞれの価値観や「体の性格」があるので選択肢も多様のようですね。回を重ねるごとに「鍼」への印象が変わってきた方も多いようです。今回は「鍼」も色々だということがさらに理解できるのではないでしょうか。(「産経関西」編集担当)
杉本8-1
杉本見出し8-2
 蓮風
 薬で(病気が)治るのも不思議やけど、鍼で治ること自体が、もう、ほんとに生命は上手く出来とって、それをよく見つめた人たちが鍼の名人になれるんです。

 杉本 うん。まぁそこがまた難しいところですけどね。今日先生と改めてお話しして、やっぱり鍼って難しいんよね、っていうのは思いますよね。でも、広めてほしいですね、ぜひ! このあいだ、たまたまここ(藤本漢祥院)にいるときに、お弟子さんたちが「初診予約の患者さん、時間の折り合いがつかなくって、キャンセルになりました」って話してるのが耳に入ったんです。家帰ってね、「今日、鍼のね、初診をキャンセルしてた人がいたんだよ」って夫に話したら、夫が「それは惜しいことをした。その人せっかく治るチャンスを無くした」って言って、私もそう思ってたんで「そうだよね、せっかくのチャンスなのにね」って言い合ったんですけど、いくつかの選択肢があって受けないのと、知らないで受けないのと、全然違いますからね。

 蓮風 医療の本質に関わる問題やけど、西洋医学は確かにこっちを良くするっていうことをやるんだけど、反面また副作用とかがあるでしょう?これは(鍼灸治療をする内科医)の村井和(むらい・かず)先生(北辰会)がよく自分の言葉で「鍼には非侵襲性がある。決して侵さない、侵さずして治す医療っちゅうのは、やっぱ西洋医学にはあんまないな」っていうことをおっしゃるんですよね。

 杉本 結局、病気が重かったら重い薬というか、激しい薬を使わないといけないということですよね。この間、皮膚がかゆかった時に、結局、ステロイド飲むことになっていたんですよ。もの凄く腫れてたし。だけど医者もあまり使いたくないくらい強いので、どうしようかなっていう感じだったんですけど、結果的には出たんですね。勤務医時代にはその先生は出さなかったらしいんですけど。ここ(藤本漢祥院)に来るまで飲んでましたけど、1日かな?2日くらい。だけど、来てからはもう飲まないですみました。見事に小さくなっていったんですよ。本当に。うん。見事に小さくなっていって、びっくりしましたから。うーん。で、これは私みたいに鍼の近くにいる人間でも知らないんですよ。

 蓮風 そうそうそう。

 杉本 打鍼も知らないし。そうするとね、鍼ってね、やっぱり受けたたことのない人に聞いたら、なんか、もう怖いとか、痛いとか思ったりするかもしれません。こないだなんか、先生にここ(左手の尺側=小指側)刺してもらって頂いたとき、刺したときはちょっとはそりゃあ痛みとか感じることもありますけど、それよりもなんかね、入っていってね「あっ気持ちいい今日は」って思ってたんです、実は。

 蓮風 あぁ、それはいい。

 杉本 「あっこれ凄い気持ちいいわ」って。鍼刺されて気持ちいいってことなんて…。 
 
 蓮風
 ないでしょ普通。「気持ち良くなって、しかも治るんだ」という患者の声は、素朴にも当たっているんです。

 杉本 うーん。まっ、そうですね。
杉本見出し8-3
 蓮風 で、それがね、起こることは、もうひとつ言えば、生命に適う医療ということ。良くすることはあっても、悪化さすことはないんだという。まぁ、これは技術的には悪くすることが、これはいかんよ。そうやけど、通常良くしようと思ってやって、それが適量であっても、西洋医学の場合はどっかを悪くすることがある。そうやけどこの医学は、生命にもともと適った医学やから、正しいやり方さえやってる分には全然問題ない。これはね、医療として非常に重要な部分だと思うんですよ。だから西洋医学をくさすわけじゃないんやけど、この医学の特徴って言ったら非常に気持ちよくなるんだって患者の声がね、私は当たってると思うんですが。

 杉本 先生、あれはどうお考えなんですか?そのぅ、手術をしなくちゃいけないような病気って、まぁあるじゃないですか。

 蓮風 あります。

 杉本 そうですよね。で、そういうようなものは、やっぱり西洋医学なんですか?

 蓮風 いや、それも切らずに済むようになるやつもあるんですよ。

 杉本 はぁ。

 蓮風 すべてじゃない。たとえばね、あの、盲腸。

 杉本 盲腸?

 蓮風 うん。

 杉本 はい。

 蓮風 前に中国へ一緒に行った内科のドクターで、呼吸器内科の先生がいましてね。その先生は宿直医なんですよ。

 杉本 うん。

 

 蓮風 宿直にあたった。そこで夜中に何が起こっても大抵処置しないかん。

 杉本 うん。

 蓮風 そのドクターが、腹痛の患者を診たらねぇ、やっぱり盲腸やということがあるんだって。 で、西洋医学的な鉄則からいくと本当は手術をせないかんらしいのだけども、「わしは鍼したら治ると思うんやけど、どないしたら良い?」ってそのドクターが(私に)聞くわけ。〈続く〉

 杉本 うん。

 蓮風 だから、鍼やるんやったら、「もしこういう反応出とったらこうせぇ、そうじゃなくこっちにこういう反応出とったらこうしてみたらええんやけどな」って(教えた)。そしたら、その通りそのドクターが自分の判断でやりよって、そのドクターが翌日(その患者を)覗きに行ったら、なんと! 治ってたらしい。

 杉本 あらら。

 蓮風 で、冗談で、その、内臓外科の別の先生が「わしの(手術の)仕事の邪魔したらいかん」って(笑)。これまぁ冗談やけども。そのようなこともできる。

 杉本 盲腸なんていうのは、どっかの炎症だからっていうことですかね?

 蓮風 いやぁ。我々は腸癰(ちょうよう)っていって、腸のおできというものは、やはり気血の巡りが悪くなっているから、上廉(じょうれん)=巨虚上廉(こきょじょうれん)、上巨虚(じょうこきょ)ともいう=というツボを使って、ほとんどが正気の弱りがさほどなく、邪熱や瘀血や湿痰などの邪気が中心となる“実型”やから、そういうツボに(実際に反応が出てれば)鍼を刺してうまく邪気を散らして気血のめぐりを良くする術をやると腹膜炎も起こらない。ところが…。

 杉本 ところが?

 蓮風 (国立民族学博物館名誉教授で大阪・吹田市立博物館館長の)小山(修三)先生っていうのは面白い人で、私の患者でもあるんやけど、ある日もう、吐き下ししてね「どないした?」って言ったら「いや俺は藤本さんの鍼を受けたら治るんや」って言って来たんやけど、脈診たらどうもおかしいんや。で、鍼一本もせんと、ちょっとツボを調べてみたけど反応が悪いから「これは先生すぐ外科行かなあかん」って。ほんであの時は病院に行ってもらった。なんだかんだ4時間かかって、やっと盲腸から来た腹膜炎やと言われた。

 杉本 はぁ。もう腹膜炎になってたんだ。

 蓮風 だから俺はもう危ないから早くやれって言うてるのに…。そこまで見破るんですよ。だから、そういう本当に腕のある人にかかったら、まぁ安心・安全。

 杉本 要するに先生は西洋医を否定しているわけじゃないんですよね、全然。

 蓮風 そう!してない。

 杉本 うん。それで何、西洋医はそれで調べるのに時間かかっちゃったんですね。

 蓮風 そこが面白い。機械をたくさん使って4時間かかってる。僕は脈診と舌と、お腹を触るだけでわかった。

 杉本 ほぉ~ん。

 蓮風 これも、東洋医学のやっぱ凄い点じゃないですか?

 杉本 そうですね。

 蓮風 人間の五感を頼りにしてやっているけど、なんか一見、主観的とかなんとか言われ、怪しげに見えるけど、そうじゃなしに、客観性をとらまえているから、そういうことが言えるわけ。


 杉本
 うーん。いや怪しげっていうのは多分ね、関係無くて、怪しげって思えるのは、そのなんか、やっぱ診立ての個人差があるからだと思います。

 蓮風 あぁ、なるほどね。

 杉本 診たての個人差がね。怪しげって見せてしまう。マニュアルがある方の医学は、マニュアル通りにやっていれば、まぁ当たらずといえども遠からず。10のうち8くらいは、ヒットするかなって。東洋医学はなかなかそういう風にいかない。マニュアルはあるけれども、そのマニュアルの使い方っていうのにマニュアルがいるくらい。

 蓮風 そうそうそうそう。

 杉本 そういうようなものなので、あまりにも、こう、深いものなのですからね。それ使うとやっぱり使う側の腕によって1から10くらいまで差が出てしまうかもしれない。で、その1の方を見た人は「あれ~?」って思う。10の人を見た人は「奇跡だ!」と思うかもしれない。

 蓮風 うん。うん。
杉本見出し8-4
 杉本 このね、やっぱり、差が出やすいっていうのはね、これは、まぁもちろんですけども、鍼の先生方にそこはちゃんとして頂きたいというのが受ける患者としてはあります。

 蓮風 そうそうそう。

 杉本 でもそうするとね、患者も鍼にかかるときに、一体どこの鍼の治療に行っても、まぁ蓮風先生が盛んに鍼は凄いよってやってらっしゃるけど、でも一人、1から10のうちの1程度の腕の人に見てもらったら、それでいっぺんにね、鍼に対する評価がごぉーんっと落ちちゃうわけですね。ありましたよね、去年。あの、死んじゃった人。本当は打っちゃいけない人が打ったかなんかして。あぁいうことがあると皆今度は逆に鍼灸院を十把一絡げにして、だめだみたいな風に扱ってしまう。そこで、蓮風先生に、皆さんに向かって鍼は凄いよっていうのを言って頂くと同時に、だけど、鍼灸院は全部が同じじゃないよっていうね、そこはね認識して貰うようにしないと間違いが起きると思うんですよね。

 蓮風 そうですね。それはありますね。それをねぇ、40年間、私、業界に向かって、ずぅーっと発信してきた。

 杉本 そうなんですね。

 蓮風 だけど、もう疲れた。

 杉本 ははは(笑)。

 蓮風 だから、それやったら、消費者の側が賢くなったら、商品はよくなるというセオリーにしたがえばいいと…。患者さんが賢くなってちょっとでも鍼の本質がわかったら、どの先生が立派かってすぐわかるんだという立場で今ブログ(「鍼狂人の独り言」)とか、このサイト(蓮風の玉手箱)をやっているわけ。

 杉本 ぜひ本当に、根本のところを勉強した先生に、やって頂きたい、打って頂きたいと思いますもんね。

 蓮風 そうそう。そういうことなんですよ。

 杉本 で、先生、これから何か、こんなことしたいみたいなこと、おありになりますか?

 蓮風 あー、それはもう沢山ありますけどね。

 杉本 ええ。

 蓮風 ただやっぱり、なんと言ったかって臨床家やから、毎日鍼を持っている事だけで、もう大変な発見ができるんですよ。

 杉本 はぁ~。もう何人くらい診られましたか?

 蓮風 1日にですか?

 杉本 いやいや、延べで。

 蓮風 あぁ、延べで言うともう70万人近いんじゃないですか。だけど、そんだけやっても、毎日がワクワク、鍼を持つとね。

 杉本 どうしてワクワクされるんですかね?

 蓮風 いや、やっぱり、新たな発見があるから。

 杉本 ふーん。あっ、それはやっぱりあれですよ、オーダーメイドだからですよ。

 蓮風 うん。

 杉本 一人一人違うから、この人に合わせて、今日はどこにしたらいいかなっていうのは、先生がいつも考えてらっしゃるから。

 蓮風 そうそう。それでね、古典理論は使っているんだけど。古典を乗り越えるような理論が見え出してくるんですよ。それがまたワクワクする。〈続く〉

 

↑このページのトップヘ